2016年02月29日

引き続き様子見を継続

 先週の日本市場は、16,000円を挟んだもみ合いの展開となった。ここ数週間に比べると値幅が小さい州ではあったが、それでも、週央に111円台を付けた為替が週末には114円近くになるなど、市場が安定したとは言えない状態が続いている。
 
 そして、自分はまだ手を出すには早いかな〜と思っていることから、今週もお休みを継続する予定。
 現在の株価水準は、売り買いどちらで入るにしろ中途半端な位置に感じるため、どっちかに動いてくれないと動きづらい状況でもある。
 
posted by こみけ at 02:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 市況雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月22日

様子見を継続

 先週の日本市場は、為替、原油、海外の株式市場の反発を好感し、大きく戻す展開となった。ただ、週末は軟調な展開となり、これから上下どちらに行くかはまだ予断を許さない状況である。
 
 そして、自分の動きとしては、まだまだ相場の振れ幅が大きいことから、今週も様子見から入ることにした。
 週中で何か動きがあれば売買を行う可能性があるが、その場合は順張り姿勢で出動の予定。

 あと、相場に参加しない代わりに準備を前倒しした確定申告が昨日無事終了しました。
 皆様もお早めに…。
posted by こみけ at 01:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 市況雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月14日

動きについていけないので一旦取引停止

 先週の日本市場は、皆様ご承知の通り何が何だかわからないうちに円高、海外株安、金利乱高下等に引っ張られ、日経平均はあっさりと15,000円の大台を割り込んでしまった。
 
 この混乱の要因はいろいろ言われているが、自分が目にした範囲では、
・日銀マイナス金利に伴う混乱
・さらなる円高警戒と、円売り介入への警戒
・原油安
・米景気の先行き不安
・米利上げが行われない可能性
・ドイツ銀行の経営不安
・ギリシャ危機再燃
・週明けの中国市場への不安
等がある。
 これらは当然週明けも波乱材料として残るし、ここしばらくの相場変動には自分の腕では対応できないと確信したことから、少なくとも今週は一切取引を行わないことにした。
 来週以降どうするかはわからないが、とりあえず今週は確定申告の準備でもしながら相場を眺める予定。

posted by こみけ at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 市況雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月07日

再び弱気に回帰

 先週の日本市場は、週明けこそ前週に行われた日銀金融緩和の流れを引き継ぎ堅調な滑り出しを見せたものの、週央から再び円高傾向が強まった影響で大きく下落する展開となった。さらに、金曜夜の日経先物は16,500円台で返ってきており、金融緩和前の水準を下回ってしまっている。
 
 自分としては、先週の段階で買い目線となったものの、週末にかけての下落で再び弱気になることにした。さすがに、金融緩和の効果がこんなに短期間で帳消しになるとは思わなかった次第。
 まだ市場が不安定な状況なので、見送りを基本とする予定ではあるが、日経先物や、現物株の空売りも少量行ってみることも検討中。
 なお、個人的に気になる点として、金融緩和前には原油と為替の間に連動関係(円高-原油安、円安-原油高)があったが、最近はあまり連動しなくなった点を挙げてみる。年末年始は産油国が株を売って資金を引き揚げているという見解があったが、直近の下落は何か違う理由があるのは確かそうである。
 
posted by こみけ at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 市況雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月01日

買いに入ることを検討

 先週の日本市場は、一進一退の展開が続いた後、金曜日の日銀金融緩和で一気に上昇する展開となった。
 
 自分としては、今回のマイナス金利は中国の先行き不透明感、および原油相場への好影響は限られると考えており、今回の下落相場の主因を解消するわけではないので効果は限定的ではないかとみている。一方で、市場に与えた心理的影響が大きいのも確かで、日本市場がここから下がる展開も考えにくいと思っている。
 そのため、月曜は様子見から入り、国内外で堅調な展開が続くようなら買いに入る予定で、まずは小額から行こうかと。

posted by こみけ at 01:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 市況雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月25日

引き続き手控え継続

 先週の日本市場は、世界各国の市場同様、急落後急反発する展開となった。ただ、これで今回の下落が終了したかどうかはまだ不明である。
 
 自分としては、まだ値幅が大きい状況が続いている以上、これで波乱相場が終わったとは言い切れないことから、今週も様子見姿勢を続ける予定。
 売り、買い、どちらで入っても大やけどの危険があることから、ひとまずは現状の資産保全を重視しようかと。
posted by こみけ at 01:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 市況雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月17日

暴落警戒・様子見を継続

 先週の日本市場は、皆様ご承知の通り乱高下しつつも下落の勢いが勝る展開となった。さらに、金曜の米株式市場が大幅下落したことで、日経先物も17,000円を大きく割り込む展開となっている。
 
 自分としては、世界的に株価の下落が起きていること以上に、急反発を交えつつ下落している点を警戒している。08年のリーマンショックをはじめ、暴落相場となるときは途中に急反発を挟みながら下落しており、今回もこの程度では終わらず、下落がまだ続く可能性を考えておいた方がよさそうな状況になってきたと考えている。そのため、売り買いどちらも危険性が高いことから、今週は引き続き流動性に注目しつつ様子見に徹する予定。
 なお、あまり注目されていないが新興市場の下落も厳しいものがあり、その中から今後ねらい目の銘柄が出てくる可能性があると考えている。ただし、買い時は今月中には来ないと想定している。
 
posted by こみけ at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 市況雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月12日

流動性に着目

 先週の日本市場は、中国市場の混乱や原油安をはじめとする海外要因に影響され、大きく下げる展開となった。さらに、週明けの海外市場も荒れ模様が続いており、今週も波乱含みとなる可能性が高い状況である。
 
 自分としては、このような波乱があるとすれば米国で利上げを再度実施する前後、おそらくは3月頃ではないかと思っていたのだが外れた形となった。
 そして、市場の混乱が続いていることから、少なくとも今週は積極的な売買を手控える予定である。
 特に気にしているのが、先週の金曜日の日経先物夜間取引で、売り板、買い板とも枚数が普段よりもだいぶ少ないように感じた点である。雇用統計直前に板が軒並み2桁になったのはともかくとして、統計発表後も100枚台前半の板ばかりが並ぶ光景が見られ、普段の半分程度まで板が薄くなっているように思える。
 自分としては、これが市場の流動性低下を示唆しているものと考えているため、今後板がさらに薄くなったりしないか注視する予定。
 
posted by こみけ at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 市況雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月04日

1-3月の作戦〜軟調な地合いを想定し対応

 あけましておめでとうございます。
 本年もよろしくお願いいたします。

 さて、昨年の株式市場は4年連続の上昇とはなったものの、年末にかけて上昇した過去3年とは異なり、高値は年の前半に取り、その後は一進一退の展開となった点が異なっている。また、過去3年は日銀の金融緩和が上昇材料となった一方で、先月の日銀の施策は下落材料となったことも差異であるといえる。
 以下では、上記のような現状を踏まえ、3月くらいまでにとることを想定している作戦について述べてみる。
 
 まず、自分の現在のポジションは現金100%の状況である。昨年後半は日経先物の短期売買に終始しており、現在は手仕舞いしている状況である。
 そして、この後は…引き続き日経先物の売買を中心に置きつつ、市場が軟調となった場合を想定し、信用売り、および下落後に買付を行う銘柄を選んでおくことにした。

 この理由としては、3月頃までは(欧州はさておき)日米の金融政策による株価上昇は望み薄の状況で、昨年後半と比べると好材料が乏しくなりつつあると考えていることによる。
 そして、この状況下で昨年末より始まった米金利上昇の影響が徐々に効いてくるとみており、新興国の景気減速が顕著になるのではないかとみている、ただ、影響が顕在化してくるには、もう一度くらいの米利上げが必要になるのではないかとも思っている。
 そのため、当面は日経先物の売買を基幹とするものの、相場下落時の信用売り候補、および下がった後の買付候補を挙げて置く予定。なお、今のところは信用売り候補は新興銘柄、買付対象は優待株を軸に捜索中。

 今のところ、ここから3月くらいまでは乱高下する局面はなく、盛り上がらない日々が続くとは思うものの、起きた場合には備えておきたい次第である。
 
posted by こみけ at 01:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資作戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月28日

警戒態勢を継続

 先週の日本市場は、金融政策で大きく動いた18日の流れを引き継ぎ、弱い展開に終始した。24日(木)には一時日経平均が19,000円を回復したものの、じり安で維持できなかったのはここ数年の年末相場とは異なる地合いであることを示すものであると考えている。

 自分としては、先週から引き続き本格的な下落局面への移行を警戒しており、日経先物を中心として売買を行う予定。
 一方、ここ数日は新興市場が特に弱い動きをしていることから、新興株で信用売りが可能な銘柄について年末物色する予定。
posted by こみけ at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 市況雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。