2006年05月23日

日本フイルコン(5942)、インプレスホールディングス(9479) 買い

 先ほど、売り気配で始まっていた日本フイルコン(5942)およびインプレスホールディングス(9479)のナンピン買いを行った(事後報告)。
 
 地合が悪いのでちょいと恐怖感があるが、まあじっくり持てば何とかなるのではないかと。
posted by こみけ at 09:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 売買報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月22日

インプレスホールディングス(9479) 買い

 本日、インプレスホールディングス(9479)の買いに入る。

 今回は、先週の下落局面で激しく下落した銘柄を狙おうと言うことで、数値系?テクニカル分析手法では唯一参考にしている3点チャージ法でスクリーニングした銘柄群の中で、連結売上高が時価総額以上、かつ営業CFがプラスの銘柄と言うことで選んでみた。
 また、ネット関連の雑誌を扱っていることから、話題性が大きいところも評価した。まあ、その分だけ、下落したとは言っても割高なんだけどねぇ。この辺はリバウンドにかけてみようと言うことで。

 インプレスと同時に、ウェーブロックホールディングス(7940)の買いに入ることも検討したが、下落局面の中でも日々増え続ける信用買い残が気になるので、今回は見送ることにした。


 当初今週いっぱい行うことを予定していた決算銘柄の信用売りは、単位株価が低く、かつ糞決算を出しそうな新興銘柄がいまいち発見できなかったので、月火あたりで終了することに方針を変更する。
 その分の資金(保証金)を、現物株の買付資金に回す予定である。
 
posted by こみけ at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 売買報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月17日

ジェネシス・テクノロジー(2473)、アルプス技研(4641)、寺岡製作所(4987) 買い

 先ほど、ジェネシス・テクノロジー(2473)、アルプス技研(4641)、寺岡製作所(4987)の3銘柄を買い付けした(事後報告)。

 ジェネシスは昨日今日で急落していたのでナンピン買いを行った。決算も特に良くも悪くもなかったと思うし、どうしてなんだろうねぇ。信用の投げ、と言う買い方にとっての一番都合の良い展開だといいのだが。

 アルプス技研はこの前利益確定を行った後けっこう下げていたので買い直しを行った。この水準ならじっくり持てると思う。

 新規買い付けの寺岡製作所はテープ製造の企業である。超地味な分野ではあるけれども、それ相応に技術がある企業と考えている。できれば1000円近辺で買いたかったのだがねぇ。


 さて、さっきの急落で今回の下落局面は底打ちと見るが、どうかねぇ?
 このままプラスで引けたら、自分へのご褒美として、今夜フルスタで楽天戦を観戦する予定。愛敬なら勝てるはず・・・。
posted by こみけ at 13:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 売買報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月12日

鈴木(6785) 売り

 先ほど、鈴木(6785)を手じまいした(事後報告)。

 市況の下落傾向がはっきりしてきたので一旦現金比率を高めるのが目的。
 市況が落ち着いた段階で、買い直しも検討の予定。
posted by こみけ at 09:10| Comment(9) | TrackBack(0) | 売買報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月26日

東洋合成工業(4970) 買い増し

 先ほど、東洋合成工業(4970)のナンピン買いを行った(事後報告)。
 大きめの成行売りがでて気配値を切り下げていたので買いに入った次第である。もう一段切り下げたところで寄るのを期待していたのだがねぇ。
posted by こみけ at 09:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 売買報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月24日

鈴木(6785) 買い増し

 先ほど、鈴木(6785)のナンピン買いを行った(事後報告)。
 まとまった成行売りで気配が下がっていたので飛びついてみた・・・流動性の低い銘柄の面白い点であるし、また悩ましい点でもあるねぇ。
posted by こみけ at 09:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 売買報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月23日

アルプス技研(4641) 売り

 明日、アルプス技研(4641)の利益確定売りを行う。
 オプションで出た損失の穴埋めが主目的である。また、新興市場のリバウンドを狙うための資金を確保する目的もある。なお、リバウンド狙いの新興銘柄買いについては、月〜水曜のどこかで行うことになりそう。

 アルプス技研はいい銘柄なので、株価が下落したときは再度の買いも検討する予定。
posted by こみけ at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 売買報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月10日

ビケンテクノ(9791) 売り

 これより、ビケンテクノ(9791)の損切りを行う。
 気配値がさほど下げていないので、早めに逃げておくことにした。
posted by こみけ at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 売買報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月04日

ライブドアマーケティング(4759) 買い

 これより、整理ポストのライブドアマーケティング(4759)を2株買う。
 本日は他銘柄も買っているため、LDMの分の手数料がただ同然になるのが本日買付を行う理由である・・・いちにち定額コース万歳。

 1株は、額縁に入れて観賞する分。
 もう1株は、名義書換の練習用。
posted by こみけ at 09:19| Comment(6) | TrackBack(0) | 売買報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月03日

ジェネシス・テクノロジー(2473)、日本フイルコン(5942)、鈴木(6785) 買い

 明日、ジェネシス・テクノロジー(2473)、日本フイルコン(5942)、鈴木(6785)の買いに入る。いずれも半導体関連銘柄である。

 ジェネシス・テクノロジーは3月に上場したばかりの検査受託会社である。上場後ぱっとしない動きが続いているので、活気づくことを期待。
 ただ、売掛金が売上高増加率以上に増加しているのが気になるのので、株価・業績動向に目を凝らしたいところ。

 日本フイルコンはLSI用マスク作製を行っている点にまず注目、プラズマディスプレイパネルの部材も生産しているという点も評価。
 PERが約25倍と、ちょいと割高なのが気になるが、成長性を考慮すれば問題ないかな〜と思えるところである。

 鈴木はPERの面で割高感がない半導体関連銘柄と言うことで選択。まあ、半導体とは言っても、かなり後の方の工程をやっているようだがねぇ。
posted by こみけ at 22:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 売買報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月02日

キタムラ(2719)、富士写真フイルム(4901) 売り

 明日、キタムラ(2719)及び富士写真フイルム(4901)を売却する。

 キタムラは配当取りが終了し、株価も配当落ち分をほぼ埋めているため、早めの売却を行うものである。

 富士フイルムについては、交換社債の交換価額決定期間が火曜日で終了するため、その前に処分しておく作戦である。
 ・・・買付時に比べて富士フイルムの株価は確かに上がっているが、個人的に到達を期待していた4,030円には届いていないし、買付を行ってからの日経平均上昇率を下回っているから作戦成功とは言えない状態である。
 今回はMSCB発行発表から半月以上経ってからの作戦開始になったのが(結果論ではあるが)利益率の低下を招いたから、今後は考察速度の向上を図らなければいけないねぇ。しんどい。
posted by こみけ at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 売買報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月30日

天満屋ストア(9846) 売り、アルプス技研(4641)買い増し

 先ほど、天満屋ストア(9846)を売り、代わりにアルプス技研(4641)の買い増しを行った(事後報告)。
 天満屋ストアがなかなか動かないので、しびれを切らしたということで。
 今はあまり資金を遊ばせたくないので、今日の後場あたりも売買するかも。
 
posted by こみけ at 09:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 売買報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月29日

三星食品(2227)、ビケンテクノ(9791) 買い

 これより、三星食品(2227)及びビケンテクノ(9791)の買いに入る。
 両方とも(かなり広い意味での)医療関係で、なおかつ成長性のある小型株であると言うことでの買いである。
 ちょいと三星食品は割高かな〜とも思えるので、どちらかと言えばビケンテクノの方に期待している。
posted by こみけ at 12:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 売買報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月27日

JFEホールディングス(5411) 売り

 明日、JFEホールディングス(5411)を売却する。
 だいぶ上昇してくれたし、また、配当もちゃんと取ったので、そろそろ売り時かな〜と思うところである。

 まあ、株価が安くなったり、業績のさらなる向上が期待できそうなときは、再度の買いを検討するということで、今は一旦お別れ。
posted by こみけ at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 売買報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月26日

富士写真フイルム(4901) 買い

 明日、富士写真フイルム(4901)の買いに入る。

 一つ前の記事で考察した通り、交換社債の交換価額決定期間中、野村さんは株価が下落するのは嫌なのではないかな〜というのが買付理由。
 したがって、あくまで短期勝負に徹する作戦である。
 しばらくは、小型株中心でやることにしているので・・・。

 さて、自分の推測は当たるかねぇ・・・?

 *危険ですのでまねしないで下さい。
posted by こみけ at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 売買報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月24日

キタムラ(2719)、エイジス(4659)、東洋合成工業(4970)、竹田印刷(7875) 買い

 本日、キタムラ(2719)・エイジス(4659)・東洋合成工業(4970)・竹田印刷(7875)の買いを行う。いずれも3月決算の銘柄であり、配当・優待狙いの意味合いもある。今回は、広く分散させる作戦を採る方針なので、買付銘柄数が増える傾向にある・・・が、手数料が大したことないので助かる。楽天証券の「いちにち定額コース」万歳。

 このうち、キタムラについては配当・優待(商品券)狙いの色彩が最も濃い。また、業績面でも、それなりに割安であると言えそうなので、ある程度持続しても良いとも考えてもいる。ただ、この4銘柄の中では保有期間は最も短くなりそうである。
 エイジスについては、棚卸代行という業態を評価した。昨日買ったアルプス技研とは違った方向で特殊性というか臨時性?が強い業務であるので、一般的な派遣よりも伸びるのではないかねぇ。
 東洋合成と竹田印刷については、技術力に注目してみた。どちらも半導体関連の事業もやっていると言うことで、その辺で注目されてはくれないものかと。まあ、業績がしっかりしているので、注目されるまでのんびり待てる銘柄であるというのも選んだ要因であるがねぇ。

 なお、権利落ち後に、さらに数銘柄追加買付を行う予定であり、その後、資金を集中させる銘柄をじっくり選抜していこうと考えているところである。
posted by こみけ at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 売買報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月23日

T&K TOKA(4636)、アルプス技研(4641) 買い

 明日(と言ってももう今日か)、T&K TOKA(4636)およびアルプス技研(4641)の買いに入る。

 いずれも、バリュー株と言うには割高と考えるが、T&Kにはインク関連の技術力が評価されることを期待している。また、もう一方のアルプス技研には、技術者派遣ということで一般的(事務関連?)な派遣以上の需要拡大を期待できると考えている。
 自分としては、どちらかと言えば、アルプス技研の方により大きな期待をかけているところである。

 なお、今回の銘柄選定より、投資方針を一部変更し、時価総額が予想売上高を上回っている銘柄についても、時価総額が予想売上高の2倍以内なら買付候補として検討することにした。

 昨年よりも、少しだけ積極的になってみようと思う今日この頃である。
posted by こみけ at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 売買報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月13日

ライブドア(4753) 買い

 下の記事でも述べたとおり、既に9株保有中の楽天証券ではなく、松井証券でライブドア(4753)株9株の買付を行う。

 ライブドアマーケティング(4759)を1株買うことも検討中であるが、こちらはまだ下げる可能性が高いと見ているので当面見送り。
 
posted by こみけ at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 売買報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月09日

JFEホールディングス(5411) 一部売却

 昨夜、CRB指数が底割れしたような動きになったので、かねてからの作戦通りJFEホールディングス(5411)を一部売却する。

 配当利回りは魅力だが、商品市況の下落は鉄鋼市況にも影響を及ぼす可能性があるからねぇ。ちょいと警戒を強めてみるところである。
posted by こみけ at 06:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 売買報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月05日

先週しでかしてしまった誤発注に関する原因考察と再発防止策

 現在、新興銘柄に対する短期信用売り作戦を行っているが、作戦遂行中の3日(金)に誤発注を行ってしまった。本記事では、その原因の考察と再発防止策について考えてみる。


 誤発注を行ったのは3日(金)の10:00頃、前日売り建てていた、本作戦で主に取り引きしているマザーズのA銘柄及び、時々扱うヘラクレスのB銘柄の2銘柄の買い戻しを行う取引の際である。
 この時は両銘柄とも、売り買いの気配が結構離れていたので、まずはその時点の最も高い買い板より2〜3ティックほど上に、指値注文をそれぞれ入れた。

 これは、自分が買い戻しを行う際によくやる方法で、その指値注文に売りをぶつけてくれる人がそれで良し、そうでない場合は、
・自分より高いところに買い板を出されたら買い意欲が強そうと言うことで成行注文に修正し買い戻し
・最初の売り気配よりも安いところに売り板が出されたら(自分が出している指値との差にもよるが)成行注文に修正し買い戻し
と言う動きをする。短時間で(でも、できれば安く)買い戻しを行うことを目的としたものである。

 誤発注をやってしまったのは、注文修正を行う時である。
 A銘柄の方に、より安値の売り板が出されたのを見て、それに買いをぶつけようと成行注文に変更した・・・つもりだった。が、なぜか先に値が動いたのはB銘柄の方だった。
 妙に思えてきたので約定内容を確認したところ、約定が成立していたのはB銘柄の方だったと言うことで、この時点で誤発注をやってしまったことに気づいた次第であるi|i|i|i_| ̄|●i|i|i|i(ちなみに、A銘柄の方は最初に出した買い指値で約定していた)。
 ・・・というのが事の顛末である。「損失」という表現が妥当かどうかは分からないが、B銘柄の当初の指値と、成行注文で約定したした値段との差額は、B銘柄全株で計10,400円に上った。決して小さくない額である。


 さて、誤発注の最終的な原因は自分の確認不足としか言いようがないのだが、それに至った経緯としては、以下の3点が挙げられる。

@当時は市況が上昇中だったので焦った。
A両銘柄の株価や出来高が同水準だった(≒板の様子も似ていた・・・マーケットスピードの注文画面ではマザーズ・ヘラクレス共に3本しか気配が出ない)ので、両者を混同した。
B一連の注文はマーケットスピードで行ったが、マーケットスピードでは新規注文(現物なら買い)の際は、直接銘柄を呼び出し可能であるのに対し、返済注文(現物なら売り)の場合は現在の建玉(保有銘柄)の中から選択する必要がある。B銘柄の情報画面から返済注文を出したので、B銘柄の注文であろうという思い込みがあった。

 ・・・@は個人的な問題、Aは取扱銘柄の問題、Bは注文システムの問題・・・と言えるだろうか。まあ、Bについては何回も扱っているわけだからそんなの言い訳にするなと言われてしまいそうだし、Aも、こちらで銘柄選定を工夫すればいいことである。@はどうしようもない。結局、注文時に確認をしっかりやれば気づくことである。


 ・・・と言うことで、再発防止策としては、「注文入力後および暗証番号入力後に指差し確認を行う」と言うことに決定。自分が本業(学生)で毒ガスを扱うときにはいつもやっている、馴染み深い確認手法である。
 指差し確認には1分程度かかるはずだが、それが重大な問題になるほど激しい値動きの銘柄は今のところ扱っていないので、まあ大丈夫であろう。


 ・・・なお、今回の誤発注に対する自己処分として、先に挙げた「損失」額の半額(5,200円)を生活費削減により捻出し、証券口座に入金する予定。具体的には、1ヶ月ほどの間、おやつとジュースにかけるお金が半減する見込みである。いやほら、最近太り気味だし。
posted by こみけ at 22:17| Comment(9) | TrackBack(0) | 売買報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする