2016年06月05日

打診売りに入ってみる

 先週の日本市場は、消費増税の先送りが正式発表されたのが材料出尽くしとなったのか、週中から下落する展開となった。また、週末の米雇用統計がよろしくない内容であったことから、週明けは続落して始まる可能性が高い。
 
 自分としては、当面市場の上昇材料がなくなったと判断し、まずは売買が行いやすい日経先物を中心に売りに入ってみる予定。
 新興市場も売りに入る機会を狙っているのだが、個別銘柄で荒れるものが出ている一方、新興市場全体に波及しているとはまだ言えないことから、こちらはもうちょっと様子見を続ける予定。

 
posted by こみけ at 03:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 市況雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月30日

新興株に売り目線

 先週の日本市場は、サミット等の政治材料が多かったせいか、様子見気分が強い展開となった。ただ、明言こそされていないものの、消費増税先送りの流れは強くなっているため、正式発表が近づいていることが感じられる。
 
 今のところ、市場全体がどちらに行くかは何とも言えない。一方で、新興市場の方ではアキュセラ(4589)にインサイダーの疑いが出てくるなど、バイオ株を中心に先行きが怪しくなっている。
 自分としては、今週はあまり動かないつもりでいるものの、新興市場全体の下げが来た場合は医薬株中心に売りに入ることを考えている。銘柄の特性上、売りに入るタイミングが早すぎると痛い目に合うので、売りに入る時期も難しいが。
 
posted by こみけ at 01:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 市況雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月15日

そろそろ煮詰まってきたかな?

 先週の日本市場は、為替がやや落ち着いたからか、比較的落ち着いた値動きだった。
 日銀会合等の大材料が目白押しだった先々週までと比べて材料に乏しかったこともあり、ようやく一息ついたといえる。
 
 ただ、土曜日の日経新聞で消費増税先送りの報道が出ており、週明けは増税先送りを前提として相場が動くと思われる。ただ、かねてより増税先送りの話が出ていた以上、ある程度は織り込まれていたと思われるため、材料出尽くしで下がる可能性も否定できないと考える。
 自分としては、週明けは様子見から入り、相場の展開次第で売り買いどちらでも行える体勢をとる予定。たぶん、個別ではなく、夜間も取り扱い可能な日経先物での動きになると思われる。
 
posted by こみけ at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 市況雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月09日

弱気目線で様子見

 先週の日本市場は、連休中ということで薄商いの中、海外市場で円高が進んだ影響で下げる展開となった。ただ、新興市場はほとんど影響を受けず、むしろ6日(金)はマザーズ指数が大幅高となっている。
 
 自分としては、相場の動きが読めない状況が続いていることから、今週も様子見の予定。
 一方で、先週マザーズ指数が大幅高になったのを見て、個人の資金がマザーズ等新興市場に集まりつつあると想像している。
 この動きが続くのか、それともどこかで息切れするのかが今週と来週の見どころと考えており、仮に反落に転じることがあるようだと東証一部にも影響があると想定している。

 
posted by こみけ at 02:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 市況雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月02日

市場・銘柄間の値動き差異を注視

 先週の日本市場は、皆様ご承知の通り日銀金融緩和見送りで木曜の後場に急落する展開となった。しかも、週末の夜間市場で円高が進行したことから、週明け早々に日経平均が16,000円を割り込むことも十分想定される事態となっている。
 
 自分としては、今週の取引日がわずか2日であるうえ、激しい動きが予想されることから、今週は完全に売買を休む予定。
 一方、せっかくの連休であることから、市場・銘柄間の動きにどのような差異が出るか着目してみる予定。

 特に、新興市場と東証一部の値動きの差異を見ると、個人の被った被害の程度や、今回の急落に対する考え方が透けて見える可能性があるため、マザーズ指数はザラバ中の値動き含め特に重視するつもり。
 なお、自分としては、マザーズ指数が日経平均並みに下がるのならばそれほど心配しないが、日経平均が下がるのを横目に反発したりすると連休明けに新興市場も急落して個人へのダメージが大きくなるのではないか、という目線で眺める予定。
 
posted by こみけ at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 市況雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月17日

月末までは弱気

 先週の日本市場は、理由が何なのかはさておき急反発する展開となった。一方、16日(土)の未明に熊本地震の本震が発生したことから、週明け以降の経済活動に影響を及ぼす可能性も否定できないところである。
 
 自分としては、熊本地震の影響が九州地方の物流に広く及んでいることから、先週末で影響が織り込まれたとは考えず、週明け以降の懸念材料になると考えている。また、今月末の日銀決定会合までは大材料が出る可能性が小さいため、一旦弱気姿勢をとり、月末(というか来週半ば)には中立状態に戻る予定。
 したがって、今週は短期的に売りで入る可能性があるが、短期的な動きにとどめ、週末か遅くとも来週の初めあたりまでには撤退する予定。
 
posted by こみけ at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 市況雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月04日

一旦撤退

 先週の日本市場は、新年度入りした1日(金)に大きく下げる展開となり、あんまり明るくない雰囲気を醸し出すスタートとなった。
 この下落の原因として日銀短観がよろしくなかったことが挙げられているが、朝に急落したわけではなく、後場にかけてじり下げの展開だったことを考えると、日銀短観だけが原因とはいい難い。
 
 自分としては、1日(金)の下げは市場参加者の買い意欲後退によるものと考え、保有している銀行株は週明け早々に損切りすることにした。
 撤退後、少なくとも今週いっぱいは様子見姿勢を行い、その後の作戦を考える予定。ただ、どうも日銀のマイナス金利導入あたりから予想が曲がっているようなので、ちょっと長く休むことも考えてみる。
 
posted by こみけ at 02:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 市況雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月28日

やや弱気傾向

 先週の日本市場は、方向感に乏しい展開が続いた。国内外特に材料がなく、久々に落ち着いた週だったともいえる。
 
 自分としては、保有している金融株の含み損が増えつつある点が気になっており、どちらかといえば弱気の姿勢をとっている。とはいっても、すぐにどちらかに大きく動くとは考えにくいことから、今週は現物株の保有を続ける予定。

 
posted by こみけ at 01:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 市況雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月13日

買い姿勢を継続

 先週の日本市場は、週中にかけて弱含む場面があったものの、ECBの金融緩和拡大を受けて週末は戻す展開となった。
 
 自分としては、先週に引き続き買い姿勢を継続する予定。
 金融株主力で少しずつ買い増しをしていくつもりではあるが、全力買いはまだしないつもり。
 それ以降のことは、もうすぐ発売される四季報を見ながら決めようかと。

 
posted by こみけ at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 市況雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月07日

及び腰で買付検討

 先週の日本市場は、海外市場の戻りに付き合う形で上昇し、日経平均は17,000円を回復する展開となった。また、原油相場も上昇しており、先月までの下落相場はひとまず終わったとみてよさそうである。
 
 自分としては、今週末のメジャーSQはちょっと怖いものの、買いに入ることを検討している。まずは、年初からの下げ幅が大きく、かつ配当が多い銀行株を狙ってみる予定。
 ただ、まだ値動きが大きい状況が続いていることから、まずは小額から行こうかな〜と思っている次第である。
 
posted by こみけ at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 市況雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月29日

引き続き様子見を継続

 先週の日本市場は、16,000円を挟んだもみ合いの展開となった。ここ数週間に比べると値幅が小さい州ではあったが、それでも、週央に111円台を付けた為替が週末には114円近くになるなど、市場が安定したとは言えない状態が続いている。
 
 そして、自分はまだ手を出すには早いかな〜と思っていることから、今週もお休みを継続する予定。
 現在の株価水準は、売り買いどちらで入るにしろ中途半端な位置に感じるため、どっちかに動いてくれないと動きづらい状況でもある。
 
posted by こみけ at 02:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 市況雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月22日

様子見を継続

 先週の日本市場は、為替、原油、海外の株式市場の反発を好感し、大きく戻す展開となった。ただ、週末は軟調な展開となり、これから上下どちらに行くかはまだ予断を許さない状況である。
 
 そして、自分の動きとしては、まだまだ相場の振れ幅が大きいことから、今週も様子見から入ることにした。
 週中で何か動きがあれば売買を行う可能性があるが、その場合は順張り姿勢で出動の予定。

 あと、相場に参加しない代わりに準備を前倒しした確定申告が昨日無事終了しました。
 皆様もお早めに…。
posted by こみけ at 01:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 市況雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月14日

動きについていけないので一旦取引停止

 先週の日本市場は、皆様ご承知の通り何が何だかわからないうちに円高、海外株安、金利乱高下等に引っ張られ、日経平均はあっさりと15,000円の大台を割り込んでしまった。
 
 この混乱の要因はいろいろ言われているが、自分が目にした範囲では、
・日銀マイナス金利に伴う混乱
・さらなる円高警戒と、円売り介入への警戒
・原油安
・米景気の先行き不安
・米利上げが行われない可能性
・ドイツ銀行の経営不安
・ギリシャ危機再燃
・週明けの中国市場への不安
等がある。
 これらは当然週明けも波乱材料として残るし、ここしばらくの相場変動には自分の腕では対応できないと確信したことから、少なくとも今週は一切取引を行わないことにした。
 来週以降どうするかはわからないが、とりあえず今週は確定申告の準備でもしながら相場を眺める予定。

posted by こみけ at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 市況雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月07日

再び弱気に回帰

 先週の日本市場は、週明けこそ前週に行われた日銀金融緩和の流れを引き継ぎ堅調な滑り出しを見せたものの、週央から再び円高傾向が強まった影響で大きく下落する展開となった。さらに、金曜夜の日経先物は16,500円台で返ってきており、金融緩和前の水準を下回ってしまっている。
 
 自分としては、先週の段階で買い目線となったものの、週末にかけての下落で再び弱気になることにした。さすがに、金融緩和の効果がこんなに短期間で帳消しになるとは思わなかった次第。
 まだ市場が不安定な状況なので、見送りを基本とする予定ではあるが、日経先物や、現物株の空売りも少量行ってみることも検討中。
 なお、個人的に気になる点として、金融緩和前には原油と為替の間に連動関係(円高-原油安、円安-原油高)があったが、最近はあまり連動しなくなった点を挙げてみる。年末年始は産油国が株を売って資金を引き揚げているという見解があったが、直近の下落は何か違う理由があるのは確かそうである。
 
posted by こみけ at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 市況雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月01日

買いに入ることを検討

 先週の日本市場は、一進一退の展開が続いた後、金曜日の日銀金融緩和で一気に上昇する展開となった。
 
 自分としては、今回のマイナス金利は中国の先行き不透明感、および原油相場への好影響は限られると考えており、今回の下落相場の主因を解消するわけではないので効果は限定的ではないかとみている。一方で、市場に与えた心理的影響が大きいのも確かで、日本市場がここから下がる展開も考えにくいと思っている。
 そのため、月曜は様子見から入り、国内外で堅調な展開が続くようなら買いに入る予定で、まずは小額から行こうかと。

posted by こみけ at 01:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 市況雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月25日

引き続き手控え継続

 先週の日本市場は、世界各国の市場同様、急落後急反発する展開となった。ただ、これで今回の下落が終了したかどうかはまだ不明である。
 
 自分としては、まだ値幅が大きい状況が続いている以上、これで波乱相場が終わったとは言い切れないことから、今週も様子見姿勢を続ける予定。
 売り、買い、どちらで入っても大やけどの危険があることから、ひとまずは現状の資産保全を重視しようかと。
posted by こみけ at 01:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 市況雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月17日

暴落警戒・様子見を継続

 先週の日本市場は、皆様ご承知の通り乱高下しつつも下落の勢いが勝る展開となった。さらに、金曜の米株式市場が大幅下落したことで、日経先物も17,000円を大きく割り込む展開となっている。
 
 自分としては、世界的に株価の下落が起きていること以上に、急反発を交えつつ下落している点を警戒している。08年のリーマンショックをはじめ、暴落相場となるときは途中に急反発を挟みながら下落しており、今回もこの程度では終わらず、下落がまだ続く可能性を考えておいた方がよさそうな状況になってきたと考えている。そのため、売り買いどちらも危険性が高いことから、今週は引き続き流動性に注目しつつ様子見に徹する予定。
 なお、あまり注目されていないが新興市場の下落も厳しいものがあり、その中から今後ねらい目の銘柄が出てくる可能性があると考えている。ただし、買い時は今月中には来ないと想定している。
 
posted by こみけ at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 市況雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月12日

流動性に着目

 先週の日本市場は、中国市場の混乱や原油安をはじめとする海外要因に影響され、大きく下げる展開となった。さらに、週明けの海外市場も荒れ模様が続いており、今週も波乱含みとなる可能性が高い状況である。
 
 自分としては、このような波乱があるとすれば米国で利上げを再度実施する前後、おそらくは3月頃ではないかと思っていたのだが外れた形となった。
 そして、市場の混乱が続いていることから、少なくとも今週は積極的な売買を手控える予定である。
 特に気にしているのが、先週の金曜日の日経先物夜間取引で、売り板、買い板とも枚数が普段よりもだいぶ少ないように感じた点である。雇用統計直前に板が軒並み2桁になったのはともかくとして、統計発表後も100枚台前半の板ばかりが並ぶ光景が見られ、普段の半分程度まで板が薄くなっているように思える。
 自分としては、これが市場の流動性低下を示唆しているものと考えているため、今後板がさらに薄くなったりしないか注視する予定。
 
posted by こみけ at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 市況雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月28日

警戒態勢を継続

 先週の日本市場は、金融政策で大きく動いた18日の流れを引き継ぎ、弱い展開に終始した。24日(木)には一時日経平均が19,000円を回復したものの、じり安で維持できなかったのはここ数年の年末相場とは異なる地合いであることを示すものであると考えている。

 自分としては、先週から引き続き本格的な下落局面への移行を警戒しており、日経先物を中心として売買を行う予定。
 一方、ここ数日は新興市場が特に弱い動きをしていることから、新興株で信用売りが可能な銘柄について年末物色する予定。
posted by こみけ at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 市況雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月21日

本格的な下げを警戒

 先週の日本市場は、米FOMC、および日銀の金融政策に大きく振られる展開となった。そして、日経先物が18,000円台で返ってきている以上、市場にとっての上昇材料とならなかったのは明らかである。

 自分としては、今後は本格的な株価下落局面が来る(=今月の下げは序の口)可能性も想定し、少なくとも年内の買いは行わず、売り方として動くことにした。
 基本的には、夜間の取引も可能で、流動性が比較的高い日経先物を中心に売買する予定。
 
posted by こみけ at 01:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 市況雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする