2005年11月23日

【書評】なぜ利益を上げている企業への投資が失敗するのか

 市況が自分にとっては_| ̄|●なのもあるが、たまには読んでいる本の紹介もと言うことで、投資関連や経済全般、マネープランに関する本も紹介してみようと思う。
 本日は、「なぜ利益を上げている企業への投資が失敗するのか ヒューエット・ハイゼルマンジュニア 著、長尾慎太郎 監修(パンローリング)」を取り上げてみる。

 本書では、企業が開示する決算書類はその企業の実態を必ずしも正確には現していないとして、それを鵜呑みにして投資することに疑問を投げかけている。書中で問題例として挙げているのは、ITバブルの最中急上昇し、その後、粉飾決算発覚の末破綻した米ワールドコム、エンロン等である。筆者に言わせれば、これらの銘柄においては、粉飾発覚前の財務諸表からであっても、危険を探知することは十分可能であったそうである。
 日本でも、決算発表の際は事業が順調に伸展しているという話だったのに、ある日突然特別損失が出たり増資が行われて株価が急落することが良くあるのは皆様ご承知の通りであるから、これを事前に探知し回避するのは重要である。

 このような問題に対し、本書では、企業が開示する決算書類(本書では発生主義的損益計算書)に加え、「防衛的損益計算書」「積極的損益計算書」の二つの損益計算書を作成し、これら三つの損益が良好な企業こそを選ぶべきであると主張している。
 「防衛的損益計算書」においては、主に企業が無駄遣いをしていないかを調べることとなる。将来利益をもたらすかどうかわからない資産が増えた場合には、それをあらかじめ費用計上して評価を行うべきとしている。
 また、「積極的損益計算書」においては、将来に向けた投資については費用ではなく資産計上する一方で、過剰資本を抱えている企業については一定のマイナス評価を行うべきであるとしている。

 自分としては、これらのうち、「防衛的損益計算書」をバリュー株投資の際の判断基準として高く評価する。いくらPERやPBRで割安感が出ていたとしても、バランスシートを見れば危険なにおいがする銘柄も結構あるわけで、そういう銘柄をつかまないための足切り基準として大変有効であると考えるところである。
posted by こみけ at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9718904

この記事へのトラックバック