2005年10月29日

日経・新興の勢いは続くか?

 昨日の米株式市場が上昇したため、プットオプションを抱えている自分としては気が重い週末となった。
 月曜日の日米株式市場の動向によっては、損切りを行わざるを得ないところ。決済日までの残り時間が少なくなってきたからねぇ。


 さて、新興市場は堅調な展開となっているが、気になるのが楽天(4755)の動向。TBS(9401)の買収が成功するかどうかは今のところ興味がないが、買収するための資金調達手段に興味がある。
 取引先銀行は敵対的買収へを行う場合は楽天への融資を行わないとコメントしており、楽天側としては、自前での資金調達を行う必要があり、おそらくは新株発行を伴うものであると予想されている。
 で、自分としては、資金調達に際しては公募増資、またはMSCB発行のどちらかが行われるのではないかと予想するところである。
 このいずれを楽天が選択するかで、新興市場が甚大な影響を受ける可能性があると考えるところである。
 公募増資を行った場合、その分の資金は市場参加者から吸収するわけで、他の銘柄にて大規模な換金売りが行われる可能性が高い。ちょうど、大型IPOが行われる直前に、似たような規模・業種の銘柄への売りがでることがあるのを考えていただくとわかりやすいと思われる。つまり、公募増資の場合は新興市場全体への悪影響がでる可能性を想定しておくべきであると考えるところである。
 一方、MSCBの場合は、(もう織り込みはじめているような気もするが)希薄化懸念の売りが楽天株に出るのは確実である。その一方で、第三者割当方式をとるのがほぼ確実であり、市場から直接資金を吸い上げるわけではないから、新興市場全体に与える影響は雰囲気悪化が主であり、案外、他の銘柄への波及は抑制されるかも知れないと考えるところである。
 なお、本年2月にライブドアがMSCB発行を行う前日(2月7日)と2週間後(2月21日)の新興3市場の指数は、

    (2/7)   (2/21)
 JQ:1876.13  1877.98
 マザ:1940.97  1834.28
 ヘラ:2444.68  2375.71

となっている(本指数は手書きで記録したものであり、正確性は保証いたしません)。ライブドアが属しているマザーズの下落がもっとも激しい。なお、マザーズ指数は2/18に2月安値1776.04(終値ベース)をつけており、この日にライブドアが2月安値309円(終値323円)をつけている。

 まあ、公募・MSCBどちらにしろ、新興市場・あるいは新興企業そのものの先行きを考えるのが第一だろうねぇ。それにくらべれば楽天の資金調達の影響はおまけ程度と考えて良さそうである。無視は出来ないと思うが。
 また、日経と新興の逆行現象、いつまでも続くとは思わないところである。金余り現象?、そう長くないと思うがねぇ。


posted by こみけ at 22:38| Comment(6) | TrackBack(0) | 市況雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 今日の日経に、楽天とアマゾン、グーグルの比較に関する興味深い記事がありました。

 グーグルと比較されるのが楽天にとって公平じゃない(グーグルに対してちょっと失礼?)ので、アマゾンとの比較だけを見てみます。

単位:億ドル

売上高 楽天3.96 グーグル69.21 17.4倍
最終損益 楽天は1.24の赤、グーグル5.88、楽天の売上高よりも上

圧巻はこれ:
実価総額 楽天75、グーグル160、たっだの2.1倍

なんだこりゃ! 
この両者に対する、それぞれの市場での評価。
楽天はアマゾンと比較して、数倍(10数倍?)評価されている?Why?

1.アマゾンと比較して、楽天は数倍の成長が見込まれるから?

2.日本人はアメリカ人と比較して、数倍のリスク許容の余裕を持っているから?

3.日本人はアメリカ人と比較して、数倍のお金持ちだから?

4.日本人は博打が好きだから?

 3だったら嬉しいですね:−)

Posted by 碁太郎 at 2005年10月30日 14:09
>碁太郎 さん
 記事を日経テレコンで見ました。

5.日本人は米国人よりも数倍気が長い

というのはどうでしょう。さすが農耕民族ですねぇ。

 まあ、ITバブルが崩壊した後、あらゆるIT関連株が売られましたが、その後蘇るところは蘇っておりますので、そういう歴史を考えればいつかはきっと大きな花が咲くこともありましょう。私は買う気はないですが。

 なお、自分が楽天株をいくらで買うかを想定すると、イーグルス関連の株主優待を得る場合を除けば、時価総額が今期予想連結売上高(1075億円:四季報秋号より)を下回った場合、すなわち株価9085円以下の場合のみ買付を検討することになります。来年になれば15000円くらいですかねぇ。
 この辺になったら、他のIT関連株とまとめてバスケット買いをやってもいいと考えております。
Posted by こみけ at 2005年10月30日 16:58
>こみけさん

そういう株価が実現する見込みはある?
非難ではないっちゃ。

<低PER><低PBR><有利子負債≒0>

うちは、上記3点がひとつもあてはまらない銘柄は、原則オーバーナイトしない。
保有銘柄は、Yahoo!プロフに当日カキコしてるっちゃ。

だから、ジャス・マザ・クレスの大半はうちと無縁。
連続S高を指くわえて見てるっちゃ。S安もあるけど。
Posted by 橘絵梨華 at 2005年10月30日 18:56
>橘絵梨華 さん
 楽天の株価については、可能性はほとんどないと思います。ゼロでないとは思いますが。
 こういう銘柄については他の人に任せて、自分はバリュー株を狙っております。
 楽天株に割安感を感じるのは、自分としてはその辺からになりそうと言うことであります。
Posted by こみけ at 2005年10月30日 19:58
>こみけさん

うちは、前述の自主ルールを守ってはいるのだけど、
PER無茶苦茶倍の暴騰株が気になってしようがないっちゃ。
値上がり率ベスト30(マケスピ)に自社株が入ってないといらいらするっちゃ。
Posted by 橘絵梨華 at 2005年10月30日 22:26
>橘絵梨華 さん
 その辺は金余り現象?の一環であると思います。短期の値幅取りと一般には言われておりますが。
 市況が厳しくなり、退場者が増えればあまり起こらなくなると思います。いつになるかはわかりませんが・・・
Posted by こみけ at 2005年10月30日 22:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。