2008年01月29日

NTTドコモ(9437) 売り

 後場寄りにて先週買付を行ったNTTドコモ(9437)を全株売却し手じまいする。
 今夜以降の米株式市場の動向が気になるのが主な理由。

 まあ、また下がってくるのを待ってみましょうということで。
posted by こみけ at 12:30| Comment(7) | TrackBack(0) | 売買報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
FOMCの決定が気になります。
果たして利下げはどうなるのでしょうか?
結果如何で株価、為替は…?
Posted by トクサン at 2008年01月31日 00:19
>トクサン さん
 FOMCの件、正直0.5%下げてくるとは意外でした。せいぜい0.25だと思っていたのですがねぇ。
 また、今日日本市場が上げたのも妙に思います。モノライン企業?の増資やお化粧買いと言った指摘はなされていますが、それで説明できるものではないような気がするのですよねぇ。となると、市況は底を打ったと見ても良いのかも知れません。
Posted by こみけ at 2008年01月31日 21:22
私もこみけさんに同じく底を打ったと見ています。
具体的な数値としては13000円辺りが底でしょうか?
但し現在の諸状況からみると容易には上がってはいかないでしょう。
それでも年末には17000〜18000円前後まで上昇と甘い期待(幻想?)を抱いています。
Posted by トクサン at 2008年02月01日 12:17
今日の日本市場はUSAの幻影に怯えたしまらない展開でした。
今晩にはUSAでは1月雇用統計とISM製造業景況指数が出ます。
これ如何では週明けは右往左往するかもしれません。
果たして…?
Posted by トクサン at 2008年02月01日 16:21
>トクサン さん
 週明けの日本市場でありますが、もしおっしゃるとおり右往左往した場合、買いに入るかどうか悩ましいところであります。
 こう、ここから一段下げた場合は、中期(数ヶ月?)でみれば買いに入って良さそうな水準だと思うのであります。ただ、短期的には、そこから更なる下げがないとは言えない状況・・・と言うか雰囲気になるのではないかと。

 なお、株価の底については、先週既につけた(12,500円)か、今月中につけに来るのではないかとみております。再度下げてくる場合でも、12,000円台中盤からは買いで入ろうと思っています。また、12,000円を割るとしても一時的であるとみております。

 一方、春〜秋くらいにかけては円高・資源安(・資金の国内回帰)の展開になるのではないかと漠然と考えております。
 従って、輸出企業の業績は悪化し、株価は上昇したとしても内需銘柄が中心で、日経平均で18,000円台まで持ってくるのは困難ではないかと現時点では予想しており、16,000円台半ばくらいまで戻れば上々ではないかな〜と考えております。
Posted by こみけ at 2008年02月01日 19:14
1月雇用統計とISM製造業景況指数は正反対の結果でした。
為替は雇用統計でdown、ISM製造業景況指数ではupしました。
株式はMSのYahoo買収情報で結果として上げました。
まだまだ不確定要素が多く、週明けどうなるか予測がつけ難い状況です。
週明け、どの様にすべきか図りにくいですね。
Posted by トクサン at 2008年02月02日 22:05
>トクサン さん
 自分も、週明けどう動くかは迷っています。
 ただ、基本的には今月は買い場との認識を持っていますので、下げてくれば買い、との基本方針でのんびり構えてみようと考えております。
Posted by こみけ at 2008年02月04日 00:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/81236499

この記事へのトラックバック