2005年09月18日

「ホワイトバンド」と資産運用

 自分にとっては果てしなくどうでもいいことなのだが、最近、「ホワイトバンド」なるイカリング風の物体がブームとなっているらしい。
 自分の周りでも、購入した人がいる。で、購入翌日、こちらのサイトを見つけてものすごい勢いで後悔していた。んで、すぐさまこちらの運動に賛同していた。
 ん?自分?・・・私は親に届いた日本ユニセフからの寄付のお願いに心の底から感動して、親が書類を処分しようとするのを制止し、わざわざ子供銀行券をお送りさせていただいたことがある善良なる生き物ですので、ホワイトバンドごとき、鼻で笑って回避しましたぞ。

 ・・・んで、何でこんなことをわざわざ書いたのかというと、こういう運動に喜んで金を出してしまう人間は、資産運用で成功するのは厳しいだろうなぁ〜と思うのである。よく調べもしないで、イメージで投資を行ってしまう可能性が高いからねぇ。
 むろん、300円と数十〜数千万円の投資を一緒にするな、と言う考えを持つ人がいるかもしれないが、自分としては、根は同じものであると考えるところである。また、そのような考えを持つ人がいると言うことは、彼らのやり方が理にかなった商売であったことを示しているのである。確かに300円なら、出しても大して痛くない金額だからねぇ。これが1000円となると、厳しくなってくると思う。特に(購買者が多そうな)中高生くらいに対しては、絶妙な価格設定であると言えそうである。なかなか考えているねぇ。
posted by こみけ at 13:01| Comment(11) | TrackBack(0) | お金全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。言えてます!
300円、子供にも、ちょっと高いけど買える金額ですもの・・・。
絶妙な価格設定で買う良心。いい商売ですね・・・。
Posted by hirano at 2005年09月19日 10:43
>hirano さん
 書き込み、ありがとうございます&ブログ拝見いたしました。

 この300円という価格設定、中高生の皆様にとっては、
・寄付するには高すぎる(と言うか、寄付という行為自体しないような気も)
・でも、アクセサリーを買うと思えば特に高くない
と言う判断になるのではないかと思います。たとえそのアクセサリーが原価90円?のイカリングだとしても。

 本件で個人的に気になっているのが、このホワイトバンドを民主党の一部の人々が着用していると言う話であります。中高生とか目がきらきらしている人とかが賛同するのはあまりよくないけどまあいいとして、国政を動かす人までもそれに乗ってしまうというのはどうなのかと思ってしまう次第であります。
Posted by こみけ at 2005年09月19日 11:17
国政を動かす人たちは、実態をなにも知っていなくて周りの支援者からこういうこのに賛同しないと票が集まらないと言われるからではないですか?
情報が過多になると、情報がないのと同じ(分析する時間がない。)事態になりつつあると思います。

なお、unicef募金の封書と一緒に自分の住所、氏名のシールが入っていますね。私はこれが大変便利で。善意よりこのシールを購入しているつもりで寄付しています。方法論/出す方の意識は、イカリングも同じではないでしょうか。
Posted by 胡桃 at 2005年09月19日 15:37
>胡桃 さん
 実態を何も知らないと言うのはその通りかもしれませんが、一時は党を挙げて着用しようとしたらしいですから、その辺は調べるべきだと思います。
 自党へのイメージだけしか考えていないと見られかねないですからねぇ。

 ユニセフの件は、寄付金は所得控除されると言うことを何度も強調している点に腹を立て、子供銀行券送付という挙に及んだ次第であります。そこは寄付する側は知っておくべきではありますが、お願いする側が強調するのはけしからぬことだと思いまして。
Posted by こみけ at 2005年09月19日 18:04
>胡桃 さん
 方法論・お金を出す方の意識と言う点については、確かにおっしゃるとおりだと思います。この辺の考え方は人それぞれですので、一概には言えないところですねぇ。
 自分としては、「私ってこんなにいいことしている」的オーラが発せられている活動は忌避するところであります。
Posted by こみけ at 2005年09月19日 20:11
こみけさん、こんばんは。ホワイトバンド気になっていたのですごいびっくりです。私もイカリングは買わないで、声を出せる人間になりたいな。うーん。考えさせられました。
Posted by ミナ at 2005年09月19日 23:46
こみけさん。おひさしぶりです。

確かに、ホワイトバンドが「いい商売」というのは的確な分析ですね。
私の周りにもそれに嵌っているひとが
沢山います。

>「私ってこんなにいいことしている」的オーラが発せられている活動は忌避するところであります。

というのも私は全面同意します。
そのようなオーラが出ていたとしても、
通常の寄付であればまだ何がしかの実効性が
ありますが、
このホワイトバンドは寄付にすらならない
単なる自己満足です。
付けることによって「意識・関心を高める」だけなんて
「私ってこんなにいいことしている」と陶酔したいだけでしょう。

民主党の件については、無見識なイメージ戦略というよりも、
むしろホワイトバンドの主張とこの党の性質に親和性がある
ような気がします。

民主党はホワイトバンドが言っているような、
「意識を高めた市民」を支持層にしたいようですから。

私はそんなことよりも、
ホワイトバンドを買って「意識を高めた」
人々は、ダイヤモンドをどう思っているのか訊いてみたいです。
http://www.africa-j.com/topic/sierraconflict.html
http://www3.asahi.com/opendoors/zasshi/syukan/briefing/backnumber/500/523.html
http://world-reader.ne.jp/renasci/now/k-saito-000721.html
http://www.yorozubp.com/0003/000310.htm
もし、ホワイトバンドとデビアスのダイヤを同時に身に付けていることがあれば、
どうしようもない矛盾だと思いますが、そういう人は結構いっぱいいるような気がします。
Posted by うらら at 2005年09月20日 03:15
…すみません。
上の書き込みは資産運用とは関係ないことでしたが、
熱くなってしまいました。

趣旨に反するようでしたら、削除してください。
Posted by うらら at 2005年09月20日 03:20
> こみけさん、
党一丸となってというところは、おっしゃられるとおりだとおもいます。自党のイメージだけ。党して、対象とする団体がどうか?を確認するのは当然ですよね。ここが、某党の弱いところで、結果どうしようもない負け方をしたのでしょうね。
あと、unicefの税金控除はたしかにむかつきます。控除といっても多額な金額を寄付しないと控除されたといえないのが現実ですので、ほんのちょっと(住所シール代としていいかなと思う程度。)だけに私はしています。

> うららさん、
まさに、いまのファッションの業界の世界では、ホワイトバンドとダイアモンドを一緒につける人いるでしょうね。

さて、寄付と株(資産運用)という面で見たとき、納税の一部が自分の主張に合うところに使える道が日本でもあれば、寄付の税金控除ということ意味あるのですがね。税金控除対象が、国の指定しかダメというのが納得いかない。当面、一番の節税は、株(それもじつは法人での株取引 -- 企業としての対企業投資)だと分かりましたので、私は今株をやっています。

なんとか、こみけさんのBlogの主旨にもどせたかな?:-)
Posted by 胡桃 at 2005年09月20日 21:11
>ミナさん、うららさん、胡桃さん
 う〜ん、ホワイトバンド、やはり相当に話題になっているのですねぇ。
 本ブログは資産運用全般についても述べると言うことですので、趣旨を逸脱していることはないかと思います。本記事で言いたいことの一つに、「ホワイトバンドを買(ってしま)う人間が資産運用で成功するのは厳しい」という点がありますので。

 ダイヤモンドとホワイトバンドの同時着用でありますが、ファッションとしては何ら問題ないかと思います。自分のイメージを高めるのが目的でしょうから。
 ただ、それを見て他人がどう思うかは人それぞれなのであります。両者の裏にあるものについて理解している人は、きっと着用者本人の意図とは別の印象を抱くことでありましょう。
 ひょっとしたら、倒産株の取引をする人間に対して、中長期投資を行う人が注ぐ視線に似たものとなるかもしれないように思えるのであります。

 民主党の件は、とにかくイメージ戦術に頼ってしまうと言うことなのでしょうねぇ。
 ・・・まだそのくらいならいい方で、これが極端になるとうららさんが言う、「自分たちは意識が高い人間だ」と言う思考を持ち、考えが違う人を見下すようになってしまう危険があるのではないかと思います。

 まあ、現実に、今日の日本国にもそういう人種が存在しているわけですがねぇ。もっとも、株式市場では「カモ」という種族に分類されておりますが・・・
Posted by こみけ at 2005年09月20日 23:43
胡桃さん こみけさん

なんだか私の変な発言に気を遣っていただいているようで、すみません。

ただ、どんなことでも、
無自覚に誰かの思惑に乗せられて行動してしまうよりは
むしろ節度をわきまえた無関心のほうが
健全だと思うのです。

私は
選挙なんかでも、ニュースキャスターが勧めるからと
訳もわからず投票に行ってよく知りもしない人に信任を与えるくらいなら、
棄権したほうがいいと考えるひねくれものです。

まあ、そんな偉そうな事が言えるほど、私も見識のある人間ではないのですが…

でも、株式市場では無自覚に妙な相場に乗るよりも
節度のある無関心のほうが正しいことは往々にありますよね。
(う〜ん、なんとか資産運用のお話につながったかな?)
Posted by うらら at 2005年09月21日 00:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7050697

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。