2016年06月26日

不動産株中心に底値狙い

 先週の世界市場は、皆様ご承知の通り英国国民投票でEU離脱票が多数を占めたことで大荒れの展開となった。日本の株式市場も暴落といってよい状況で、週明けの市場がどうなるかも予断を許さない状況である。
 
 自分としては、スコットランドが英国からの独立投票を検討し出した等、波乱要因がまだまだ残っていることから、週明け直ちに反発するとは考えていない。
 一方で、これだけの騒ぎになってしまった以上、各国の金融当局が対策を出してくる可能性は高い。そのうち、日本が早期に行えることとなると、為替介入と追加金融緩和あたりになると考えている。
 そのため、当面は金融緩和が上昇材料となる不動産株の物色を検討してみる予定だが、買いに入るタイミングは慎重に行きたいところ。
 
posted by こみけ at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 市況雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/439431331

この記事へのトラックバック