2016年01月17日

暴落警戒・様子見を継続

 先週の日本市場は、皆様ご承知の通り乱高下しつつも下落の勢いが勝る展開となった。さらに、金曜の米株式市場が大幅下落したことで、日経先物も17,000円を大きく割り込む展開となっている。
 
 自分としては、世界的に株価の下落が起きていること以上に、急反発を交えつつ下落している点を警戒している。08年のリーマンショックをはじめ、暴落相場となるときは途中に急反発を挟みながら下落しており、今回もこの程度では終わらず、下落がまだ続く可能性を考えておいた方がよさそうな状況になってきたと考えている。そのため、売り買いどちらも危険性が高いことから、今週は引き続き流動性に注目しつつ様子見に徹する予定。
 なお、あまり注目されていないが新興市場の下落も厳しいものがあり、その中から今後ねらい目の銘柄が出てくる可能性があると考えている。ただし、買い時は今月中には来ないと想定している。
 
posted by こみけ at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 市況雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/432683785

この記事へのトラックバック