2015年12月21日

本格的な下げを警戒

 先週の日本市場は、米FOMC、および日銀の金融政策に大きく振られる展開となった。そして、日経先物が18,000円台で返ってきている以上、市場にとっての上昇材料とならなかったのは明らかである。

 自分としては、今後は本格的な株価下落局面が来る(=今月の下げは序の口)可能性も想定し、少なくとも年内の買いは行わず、売り方として動くことにした。
 基本的には、夜間の取引も可能で、流動性が比較的高い日経先物を中心に売買する予定。
 
posted by こみけ at 01:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 市況雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/431459548

この記事へのトラックバック