2015年01月05日

1-3月くらいの作戦〜動いた方についていく

 あけましておめでとうございます。
 本年もよろしくお願いいたします。

 昨年の株式市場は、年前半は弱い展開となったものの、夏以降は力強く上昇し、10月の金融緩和をきっかけに高値を更新してくる展開となった。年末はやや弱含む展開もあったが、依然として高値圏を保っている。
 以下では、これから3月くらいまでにとろうと思っている作戦について述べてみる。

 まず、現在の自分のポジションであるが、(昨年の)NISA枠でベアETFを持つという罰当たりなことをやっている以外はすべて現金の状態である。
 そして、この後であるが…当面の株価動向を見て、上下どちらかに抜けたらそちらについていく、という方針で行くことにした。

 この方針を立てた理由はただ一つ、先月から続く波乱相場が終わったかどうかの見極めが自分にはついていないことである。
 先月あたりから、原油安を理由とする為替の波乱・株式の急落が世界的に発生した。新聞等によると、原油安自体は先進国経済にとってはプラスであるが、金融市場の観点からするとロシア経済の不安定化や米シェールガス業界の業績悪化に伴う悪影響があるという。おそらく、急落局面が発生するまでは前者が意識され、急落局面では後者が意識されたということなのだろう。そして、先週末時点でも原油(WTI)価格は依然として直近安値に近い52ドル台で動いている。
 今のところ、株式市場は先月の半ばころに比べれば落ち着いてはいるが、まだどちらに動くか決めつけるのは早いと考えている。そのため、年明けは様子見から入り、日経平均が18,000円を抜いてくるか、それとも17,000円を再度割り込むかした段階で強気、または弱気でポジションをとるつもりである。
 仮に、下に行った場合は大体半月~ひと月くらい下げた後反発する展開を想定しているが、仮に下げ幅が大きかった場合はいったん戻しても5月頃に再度下げる展開になることを警戒するつもり。


 ということで、年明けはまず様子見で入った後、順張りでついていくことにした。銘柄については、買いならば輸出関連株を狙おうと思ってはいるが、扱いやすい日経先物が主軸となりそう。
 
posted by こみけ at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資作戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/411803607

この記事へのトラックバック