2013年02月25日

様子見姿勢に戻る

 先週の株式市場は、高値圏でのもみ合いが続いた。ただ、週末にはいまいち理由は不明ながら先物主導で上昇し、日経平均は引き続き高値をうかがう位置にある。
 一方、カイオム・バイオサイエンス(4583)のMSワラント(行使価額修正条項付新株予約権、MSSO)発行によりどうなるか注視していた新興市場については、カイオム自身は暴落したものの、バイオ、ひいては新興市場全体はあまり影響を受けていないと言えそうである。

 現在の株価水準について、自分はもう一段の上値を狙える位置にあるとは思うのだが、その前に調整があるように思えている。そして、本当に勝負どころならば調整のリスクを取って買いに入ってもいいと思い始めてきたが、最近売買代金が減少しつつあるのを見ると、今がそこまで勝負に出るべき場面とも思わない。よって、一旦姿勢を売り目線から中立に戻し、現金を抱えて様子見姿勢を取ることにした。
 一方で、新興市場についてはカイオムが崩れても勢いが持続されていることから、より規模の大きな銘柄(または業種全体)が崩れることが必要になると考える。ガンホー(3765)はこれに該当しそうだが、カイオムと違って現時点における業績面での裏付けも相応にあるので、法規制等新規の材料が無ければ一気の下げは考えづらい。あるいは、相場参加者心理の急速な悪化とか。

 ということで、自分としては、売りポジションを損切りし、様子見の姿勢に戻る予定。
 まあ、今は大型株・新興市場とも、銘柄探しの時期だと思うくらいの気持ちで行こうかと。


posted by こみけ at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 市況雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。