2013年02月11日

自動車・電機への売りを検討

 先週の株式市場は、円相場の上下につられて荒い値動きとなった。特に、5日(火)の日銀白川総裁辞任宣言は大材料となり、為替、および翌日からの株式市場に乱高下をもたらした。自らの辞任宣言においても市場を乱高下させてしまったということで、白川氏が市場との相性が悪かったことを示す証拠が一つ増えてしまったように思う。


 さて、その日経平均は6日(水)に11,500円まであと一歩まで迫った後に反落し、1週間前の水準に逆戻りしている。加えて、これまで上昇を続けていた自動車株や電機株も、週末はさすがに一服している。半面、売買代金はまだまだ多い状態が続いており、市場の勢いがなくなったとはとても言えない状況でもある。
 自分としては、この勢いの根源として本年1月からの信用取引制度変更によるデイトレードの活性化があると考えている。そして、勢いが殺されるとすれば、デイトレーダーが大きく損する事態、すなわちザラバ中に市場全体の急落が起きることがきっかけになると考えている。先月末に起きたバイオ株の急落はその前兆ではないかと考えており、同様の展開がより大規模に起きないか警戒している。
 従って、これから新たな買いに入る必要はないと考えており、むしろ先駆して上昇後、最近はさえない銘柄(例えばダイハツ(7262)など)の売りも検討してみようかな〜と考えている。

 ということで、自分としては、先週から検討しているバイオ株に加え、新たに電機、自動車株についても売りを行うことを検討する。
 ただ、市場の勢いがまだ崩れたわけでもないため、売りに入るとしてもまずは小規模なポジションを取るにとどめる予定。ここで勝負をかけるのは怖いです、はい。



posted by こみけ at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 市況雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。