2007年01月21日

日経・個人投資家サーベイ 新興市場に関するアンケートに対する感想

 自分が警戒していたような悪材料が当日出たりはしなかったが、1月16日はライブドア・ショック1周年となる節目?の日であった。それに合わせて、日経は個人投資家向けに新興市場全般に対する800人アンケートを採ったそうである。記事本体は17日16面に載っている(日経テレコンでも見ることができます、「アンケート」で検索)が、ネット上では自由記載?のコメントが多数掲載(リンク)されていたので、それを読んだ個人的感想を以下にちょっと述べてみる。


 まず、「新興市場全般について」に関する意見については、まあごもっともというか、昨年1年間に発生した問題が簡潔にまとめられていると行っても良い内容である。
 ただ一つ気になったのは、IPO後に株価が下落していることを問題視している意見が結構ある点である。業績下方修正などが原因で下げたことを問題視するのは当然だと思うのだが、そう言った悪材料なしに下げるのだとすれば、IPO時点の公募価格、もしくは初値が高かったのが主な原因と言えると考えられ、会社側の責任とは言い難いのではないかと主張する次第である。幹事証券の問題とは言えるかもしれないがねぇ。

 次に、「東証、主幹事証券、監査法人、金融庁の対応について」であるが、ここは監査法人が特に問題視されているようである。まあ、ライブドアの時は粉飾決算を監査法人も知りつつ決算承認を行っていたと報じられたこともあるし、新興銘柄を中心にとんでもない特別損失発生があったりしたからねぇ。
 ただ、監査法人の問題は、監査法人から見た顧客(お金を払ってくれる相手)が監査される企業である、と言う構造が続く限り、完全に払拭することは不可能であると言って良いと思われる。結局、監査法人に頼るのではなく、その企業の普段の行いがどうなのか、と言うことを見抜かなければならないのだと言うことになってしまうと思われる。そうすると、上場直後、特にIPO銘柄への投資はできなくなってしまうのも確かであるが。
 
 最後に、「検察、マスコミの対応や他社の事例について」であるが、こちらは自分の予想以上に検察の姿勢を批判する意見が多い。この辺は、昨年末に粉飾決算(と言って差し支えないであろう)が発覚した日興コーディアルグループへの追求が少なくとも現時点では極めて弱いことも影響しているのは間違いないところである。
 自分としては、検察(や金融庁など監督機関)に問題があるとすれば、日興への追求が手ぬるいと言うかほとんど行われていない点であって、ライブドアへの措置は厳しすぎとは言えないと考えている。実際に報じられているとおりの資金の流れは存在していたわけだからねぇ。仮に、今回のようなファンド経由での自社株売却益を利益計上するような手法が違法でなかったとしても、そう言うことをやってこのくらいの利益を上げたと(決算短信などで)開示すれば、その企業の経営姿勢に問題を抱かれるのは確実と思われる。投資家の立場からすれば、合法、違法の問題とは別に、そう言う手法で利益を計上したことにする企業の姿勢を問題視しなければならないはずである。
 また、特に気になったのが、「検察が余計なことをしなければ損せずに済んだ(儲かっていた)」と言わんばかりの雰囲気を一部回答の中に感じた点である。自分の気のせいならいいのだが、本気でそう言うことを考えているのなら、また同じ事を繰り返すだろうねぇ。
 そう思っている人がいたとすれば、堀江元社長が裁判でこんな事を言っていることに対する感想を聞いてみたいものである。


 今回のアンケートの回答末尾には回答された方の年代が期されているのだが、その多くは4〜60台の方である。今後、団塊の世代の大量退職を控えて株式市場への資金流入があるであろう事を考えると、これらの資金をある程度保護すべく、上場時の監査等は厳格化しないといけなさそうなのは確かである。
 一方で、自らの投資がうまくいかないのを検察、監査法人、その他他者に押しつけるような言動が多く見られるのにはちょいと苦笑してしまった。良くも悪くも自己責任なのが株式投資なわけだから、そこはあらかじめ認識しておかねばならないはずなのだがねぇ。まあ、一般社会?の常識?では信用して良いということになっている監査法人を信用して裏切られるのも自己責任ということになってしまったのが昨年の相場であったが・・・。
団塊の世代の皆さんがそこら辺を認識せずに株式市場に退職金をぶち込んだりすると、なかなかゆかいなことが起きそうなはずであり、自分にもチャンスが回ってくるとか想っちゃうかもしれない次第である。

 ・・・むう、なんかどんどん性根が悪党になっていってしまうねぇ(笑)。
 
posted by こみけ at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) | お金全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。