2012年12月23日

金融・不動産株保有を継続

 先週の日本株式市場は、衆院総選挙で自民党・公明党が大勝し、総議席の3分の2超を確保したことを好感して上昇する展開となった。この対象は日銀への圧力ともなり、幾分緩和へと軸足を移す形となった。
 ただ、週末は米国の「財政の崖」問題に引きずられる形で日経平均は1万円の大台を割り込んで終了している。

 自分としては、今回の財政の崖問題が無事決着するかどうかは分からないが、仮に不調に終わったとしても、日本株が大きく下落することにはならないと考えている。
 ここから為替が円高に振れて輸出株が弱含んだとしても金融緩和は行われるわけで、上昇の勢いが緩やかになる可能性はあるが、下落局面を迎えるとは考えていない。そして、金融緩和の恩恵を強く受けられる金融・不動産を主に買っておけば、他業種以上に上昇するのではないか・・・と言う目論見である。

 というわけで、今週は先週買付を行った金融株と不動産株の保有を続け、日本市場が反発するのを待つことにする。
 今回調整が入ったことで、年末も特にポジションを縮小することなく買い持ちを続ける予定。
 


posted by こみけ at 01:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 市況雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。