2012年12月02日

上昇業種の変化がないか注視

 先週の日本市場は、円安傾向が一服したことから、一旦上昇の勢いが止まる展開になった。それでも、週後半の米株式市場が上昇したことから、日経平均は再度高値をうかがうところに来ている。

 自分としては、今のところは輸出株を主力とし、金融株を併せて買っている現状を維持するつもりである。
 
 一方で、円安の勢いが弱まってきていることから、上昇が続くにしても上昇業種に変化が起きる可能性があると考えている。
 自分としては、この相場が長く続くようであると、どこかで輸出株から金融株中心の相場に変化するのではないかと考えている。変わるのが衆院選後等の時期的なものか、為替水準か、それとも株価水準なのかはまだわからないが、市場動向や保有株の値動きを注視していきたいところである。
 加えて、先週の中山製鋼所(5408)が私的整理を発表したのを一つのきっかけとして、低位株が動意づく展開も考えられる。こちらについては当たれば値幅が大きそうだが、買付に入るとしてもそんなに大きい割合にはしない予定。
 


posted by こみけ at 12:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 市況雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。