2012年11月25日

買いを継続

 先週の日本市場は、引き続き衆院総選挙後の金融緩和を期待して上昇する展開となった。特に、為替で円安が進んだことから輸出株の上昇が続いている。

 先週の頭より買い付けに入った自分としては、今週の前半で輸出関連株の買い増しを行い、そこで打ち止め(というか目いっぱい)にする予定である。

 ところで、最近の報道等を見て興味深く思っているのだが、どうも今回の上昇局面に関しては懐疑の色合いがいつにも増して強いように感じている。この理由は、マスコミ産業が反自民の姿勢を取っていると思えばすっきりする。
 加えて、2005年の郵政解散時とは異なり、現時点ではまだ政権与党が民主党なわけで、首相以下今のところは現職閣僚な人々も否定的な主張を繰り返すことから、2005年の時以上に否定的な雰囲気が強い。
 このような状況が、自分には『悲観の中に生まれ懐疑の中で育ち楽観の中で成熟し幸福感の中で消えていく』と言う格言の「懐疑」に思え、しかも懐疑状態が深刻かつ長続きすることを示唆しているのではないかと考えている。
 ということで、この相場がどこまで勢いを保てるかはわからないが、日経平均○○○○円くらいで調整するだろう、と言う予断を持って当たらない方がよさそうと感じてきた次第である。
 



posted by こみけ at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 市況雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。