2006年12月13日

NHKスペシャル「ワーキングプアU」を見た感想

 日曜日に、NHKで「ワーキングプアU」と言う番組が放送された。「ワーキングプア」とは、簡単に言うと、「必死になって働いてもちっとも余裕が出ない(十分な所得が得られない)人たち」のことを指す用語らしく、一説には全国で400万世帯以上に上るらしい。
 今回は、そんな人々の中から、女性を主に取り上げたおはなしであった。

 個人的に一番印象深かったのは、親御さんが病に倒れて専門学校への進学をあきらめざるを得なかった女性の話である。親御さんが倒れられたとなると、先行き不透明感が強くて数年間の学費支払いがある学校への通学というのは不安が大きいはずである。また、奨学金を獲得しようとしても、金額面で不十分なだけでなく、採用時期を逃してしまうと申し込みができない(いつでも受け付けてもらえる緊急採用というのもあるが、入学後でなければ受け付けていないはず)といった制度面の不備・・・と言うよりは落とし穴というのだろうか、カバーし切れていない部分にはまってしまったのかもしれない。自分も、奨学金の受給が認められるかどうかでかなり緊張した時期があったので、ちょいとこの辺は気になった次第である。
 一方、本人の現在の境遇もなんというか、きつい状況である。調理関係の仕事で、調理師免許を取った際の昇給幅が10円ってどういうことなのだろうねぇ。この辺、本人の努力があまり報われていないのは明らかといえそうである。
 
 また、一番恐怖したのが岐阜県(・・・だっけかな?)の衣料関係の仕事に携わる女性の話である。競争が激しくなったせいで仕事の実入りが悪くなり、それを補うべく働きに出たところ、その競争激化の元だった中国人研修生の研修所の賄い役に就いてしまったというお話である。しかも、その賄いで余ったものを夕ご飯にしているという。そこまで切りつめなければいかんと言うことである。何というか、えらく不条理だ。
 ただ、こちらはその切りつめた分で子供の進学費用を捻出しているとのことであるから、まだ希望がある話ではある。

 一方で、本人、もしくは本人周辺に何らかの問題があるように感じられた事例もあった。
 二人の子を抱えて仕事を掛け持ちしている母子家庭の女性の話があったのだが、離別した父親の支援その他の話は全く出ていなかった。この辺、ちょいと妙に感じたのである。死別というのならともかく、そうではないのだから、離婚時に子供を父親側に引き取ってもらうとか、養育費を請求しておくとか、そう言うことはやっていないのかねぇ。

 もう一つは空き缶拾いで生計を立てているお年寄りの話である。こちらは年金加入期間が足りず、無年金となってしまったがために空き缶拾いでお金を稼いでいるという話であった。この人には、社会人の子供がいるらしいのだが、そちらも子供(本人から見て孫)の教育費がかなりきつく、あまり頼るわけには行かないと言う心構えだという。
 そう言う心構えなのは立派だと思うのだが、ここまで追い込まれているとなるとやっぱり(子供に迷惑はかけたくないと言う本人の意思は承知の上で)子供が支援するべきではないかな〜と思ってしまった。何とかならんのだろうか。


 ・・・こういう状況が全国で起きていると言うことであるから、何か問題があるのは間違いない。ただ、何が問題なのかというと一言では言い尽くせない。
 一因としては、家族間、親類間、あるいは地域内での余裕(経済力なんかも含む)が低下していることが挙げられそうである。
 ただ、より根本的なところに、「努力する方向は正しいか?」と言う問題があるような気がしてならない。ただし、この方向性の問題、本人の努力している方向が間違っている場合だけでなく、正しい方向や目指したい方向があったとしても、(番組に出てきた、資格取得を目指したが専門学校に行く必要があって断念せざるを得なかった人のように)時間的・経済的事情でその方向に努力できないと言うような事例も多数含まれているはずである。

 じゃあどうすればいいかって言われると自分にはとても解決策は浮かばない。
 自分はワーキングプアにならないように何とか悪あがきする、と言う自己防衛策程度は考える。が、それ以上のことは考える余裕はなく、また考える意欲もいまいち欠ける次第である。
 ただ、降りかかるのが自分の場合でも、他人の場合においても、恐怖感が拭いがたい問題である。また放送してもらいたいねぇ。
 
posted by こみけ at 01:44| Comment(0) | TrackBack(0) | お金全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/29522072

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。