2011年10月03日

10-12月くらいの作戦〜買うのは反発のめどがついてから

 2011年も残すところあと3ヶ月となってしまい、震災からも半年が過ぎた。
 日本国内の産業は福島周辺を除き復旧しつつあるも、今度は海外で波乱が起きている状況である。
 本記事では、現在の株式市場に対する考えや今後の注意点などについて検討の上、自分が本年12月くらいまでにとろうと思っている作戦を述べてみる。


 まず、自分の現在のポジションは・・・現金100%の状態となっている。7〜9月の間に何回か売買を行ったものの、短期かつ小規模での売買が中心だったため、資産規模にはほとんど変化がない。

 そして、この後どうするかだが・・・「当面は様子見を継続し反転が確認できてから買いに入る」ということにした。時期がいつになるかはわからないが買いには入る、信用売りは当面行わないと言うことである。
 この結論を導いた理由は、以下の通りである。

(1) 欧米の金融市場における混乱が予想以上に広がっている
 7月初めの段階では、自分はギリシャ危機が峠を越えたと見ていた。しかしながら、その後も欧州金融市場における混乱は続いているばかりか、ギリシャのみならずイタリアをはじめとする他の南欧国にも広がりを見せつつある。また、米国でも8月の格下げ後は金融市場が不安定になっているような気がしており、米国10年債利回りは2%を割り込むまでに低下している。
 目下、自分の最大の関心事は、「リーマンショックの再来は近々(大体12月くらいまでの間に)あるか」という点である。現時点では、あるともないとも言えない・・・というか、どちらかに決め打ちするのは危険だと考えている。再来がなければ、現時点の株価水準は割安と言っていいと思うのだがねぇ。

(2) 直近の値動きが市場を問わず非常に激しい
 これは直近の市況を見れば一目瞭然であり、8月以降の世界各国の株式・金融・為替・資源などあらゆる市場で乱高下が起きている。この中に突っ込んでいくのは自分の現在の売買能力では危険なように思えるし、また仮に売買を行った場合、精神的にかなりの負荷がかかる場面が出てくると見ている。・・・後者は市況とは直接関係ないが、自分の現実世界における日常生活に影響が出るかもしれない以上、避けられれば避けたいところである。

(3) 何らかの政治的材料で一気に反発する可能性も捨てきれない
 今のところ市場で元も期待されているのは、米FRBが第三次量的緩和に踏み込むことであると思われる。これがいつ宣言されるかわからない・・・というか宣言されるという観測報道でさえも上げ材料になるかもしれない状況であるから、売りに入るのも怖い状況である。

 要するに、「相場が上下どっちに行くかわからないから、わかったような気になるまで手を出したくない」ということである。
 また、以下の事項について留意している。

(4) IT(というかモバゲー)関連株の値崩れについては、天井をつけた感はなくもないが、まだ本格的な下げには至っていないとの認識である。少なくともモバゲー関連株については今年一杯売り、買いのいずれも行わない予定。

(5) 国内政治は特に材料にはならないかと。

 ということで、自分としては、
・当面は様子見
・上昇局面に明確に入ったような気がしたら打診買いに入ってみる
・信用売りは今回の下落局面では行わない
ということにした。

 また、買付銘柄としては、
(1) リーマンショック的な展開がこなかった場合は、銀行・商社など今回の下落で下げ、かつ配当利回りが高い銘柄を中心にする
(2) リーマンショック的な展開が来てしまった場合は、(1)に加えて、今回の下落で歴史的な安値をつけている銘柄も買付を行う。例えば川崎汽船(9107)、NEC(6701)、SUMCO(3436)など。この場合はバスケットを組むような形で多くの銘柄に分散して買付を行う予定。
(3) 外国株式については、米国医薬株の買付を検討中。また、金融市場の波乱を受け新興国の通貨安が来た場合、印タタ自動車(TTM)のADRなど、自分でも知っているような新興国の大型株を買ってみるかも。
・・・となっている。


 自分としては、この四半期は、買付銘柄よりも買付に入るタイミングの方がはるかに重要になる場面になると見ている。
 格言「相場のことは相場に聞け」を実践する心構えで望んでいこうと考える次第である。
 

 


posted by こみけ at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資作戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。