2011年04月04日

アクロディア(3823)のMSワラント

 3月30日、マザーズ上場のアクロディア(3823)は約10億円相当のMSワラント(行使価額修正条項付新株予約権、MSSO)発行を発表した。プレスリリースはこちら。引き受け手はマッコーリー・バンク・リミテッドである。
 本MSワラントについては、条件面については特に目新しい点はないものの、MSワラント発行発表までの経緯がつづられている点が目を引く。
 本記事では、本MSワラントの行使価額修正条項の概要について軽く触れた後に、プレスリリースに記載されているMSワラント発行発表までの経緯に関して考えを述べてみる事にする。


〜ディスカウント率10%、毎日修正 概要〜

 本MSワラントの行使価額修正条項の概要を図1に示す。本MSワラントの当初行使価額は41,800円と定められている。また、上限行使価額はなく、下限行使価額も定められていないが、株価終値が22,800円(下限価額)を下回った場合、予約権行使は制限されることから、22,800×90%=20,520円が事実上の下限行使価額となる。
 また、行使価額の修正は行使請求の都度行われるとされているから、事実上毎日修正が行われるものと見なすことができる。そして、各修正日における修正後行使価額は、『直前取引日』、すなわち、(当日が営業日の場合)立会終了前は前営業日の、終了後は当営業日の終値から10%ディスカウントした値に定められる。

トランスジェニックの図をほぼ流用
図1 本MSワラントの行使価額修正条項の概要

 なお、株価終値が22,800円を下回った場合については、予約権の行使はできないと定められている。この点は、一般的なMSCB・MSワラントとは異なっている。

 ちなみに、本MSワラントによく似た事例として、本件と同じくマッコーリーが引き受けたトランスジェニック(2342)のMSワラントを挙げる(プレスリリース/当ブログの考察記事)。MSワラントの行使価額修正条項が本件とほぼ同様となっているだけでなく、プレスリリースの形式も非常によく似ている点が興味深い。
 ただし、トランスジェニックの事例でわかりづらかった点(引き受け手側の意志での予約権行使など)が本件では明記されているなど、改善されている点もある。


〜きっかけから発表までの時間 考察〜

 本MSワラントにおいては、発行発表に関するプレスリリースが非常に充実している。特に、発行理由や割当先の選定理由については大変詳細な記載が行われている。
 自分が特に注目したのは、プレスリリース12ページ、7.(2) 割当先を選定した理由 の項である。
 ここには、アクロディアがマッコーリーと面識を持ち、MSワラントに関する提案を受け、そして実際に引き受けが決まるまでの経緯が記されている。
 本MSワラント発行に関連するプレスリリースの記載内容を時系列に並べ替えてみると、
(1)2010年8月頃?:弁護士法人曾我・瓜生・糸賀法律事務所より紹介を受けマッコーリーとの面識を持つ
(2)同時期?:マッコーリーから今回(のMSワラント)と同様の手法の提案を受ける
(3)2011年1月:マッコーリーから面談の依頼、面談時にその場で本件の提案→アクロディア社内で検討
(4)2011年3月30日:MSワラント発行を発表
となる。

 ・・・個人的には、昨年8月の決算訂正でごたごたしている時期に(2)マッコーリーがMSワラントの発行を提案したというのも気にはなるが、もっとも注目したいのは(3)(4)の間隔である。
 (3)のMSワラント提案が本年1月、(4)のMSワラント発行発表が本年3月と言うことは、本MSワラントの話がマッコーリー・アクロディア間で出てから条件を詰め、そして発表に至るまでに2ヶ月余りかかったことを意味する。
 ということは、他の第三者割当増資についても、多くの事例では決定までにはそう違わない程度の期間が費やされているのではないかと考えてみる次第である。まあ、引き受け手や発行企業の能力、市場環境によってもだいぶ異なるとは思うが。また、今回のアクロディアは継続疑義が出ているだけに、検討が慎重に行われた可能性も否定できない。


 ・・・自分としては、本MSワラントで示唆された増資提案から発表までの時間差を頭の片隅に置いておくと、ある銘柄でなんか大変なことが起きた後、増資が発表される時期の推定に役立つかもしれないと考えてみる次第である。
 まあ、なんか起きてから増資に動くまでの時間もあるから、確度の高い推定は難しいだろうがねぇ・・・増資発表に遭遇するのが嫌なら、危なそうな銘柄には近づかないのが一番なのは間違いないところである。
 
posted by こみけ at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | MSCB関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/194096855

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。