2010年09月12日

コネクトテクノロジーズ(3736)のMSCB

 8日、マザーズ上場のコネクトテクノロジーズ(3736)は2億円のMSCB発行を発表した。プレスリリースはこちら。引き受け手はBrillanceという名前のファンドである。
 本MSCBは、転換価額修正条項には目新しい点はないが、発行理由が非常に深刻なものとなっているのが目を引く。
 本記事では、本MSCBの転換価額修正条項について簡単に説明した後、今回のMSCB発行理由について思うところを述べ、MSCBの存在意義について主張を行ってみることにする。

〜毎週修正、ディスカウント率10% 概要〜


 本MSCBの転換価額修正条項の概要を図1に示す。本MSCBの当初転換価額は6,878円と定められており、上限転換価額は13,756円、下限転換価額は3,439円と定められている。
 また、転換価額の修正が行われる日(決定日)は毎週金曜日と定められており、翌取引日(営業日)以降に修正後の転換価額が適用されることになる。なお、第1回の決定日がいつになるかという点については、『本新株予約権の割当日以降の毎週金曜日』とあるから、割当日そのもの、すなわち9月24日が第1回の決定日となり、翌取引日である9月27日より修正後の転換価額が適用されることになる。
 そして、それぞれの決定日において、修正後の転換価額は決定日終値の90%になると定められている。従って、9月27日以降の転換価額は9月24日終値の90%に修正されることになる(終値がない場合等を除く)。

毎週修正で決定日だけの終値を使うのは比較的珍しい
図1 本MSCBの転換価額修正条項概要


 転換価額の修正が毎週行われるのは多く見られる事例であり、またディスカウント率が10%というのも(有利発行と見なされない限界という意味で)よく採用されている。

〜非常の資金調達手段としてのMSCB 主張〜


 さて、本MSCBの発行発表プレスリリースで特に目を引くのが、3ページ目にある『(2)当該資金調達の方法を選択した理由について』である。
 そこには、いくつかの理由が示された上で『消去法的に残された資金調達の唯一の方法が、MSCBであり』と記載されており、会社側としては他の資金調達手段がなかったが故にMSCBを選択したと述べている。
 また、自社の財務状況について、『このまま、資金調達を実施しなければ、平成22年9月25日には手元資金が尽き、給与も支給できないこととなり』という、どちらかと言えば株主よりは従業員にとって衝撃的な状況であることも述べている。というか従業員のみなさんがこの発表で動揺したりしないのだろうか。
 なお、プレスリリース7ページに記載されている調達資金使途の中には『給与未払分』として3百万円が計上されており、実は既に一部給与遅配が起きているのではないだろうかという憶測も可能だが、そこら辺は当ブログ的には重要な問題ではないので無視する。

 今回のような事例の場合、公募増資や普通株の第三者割当増資では会社財務状態などを考慮すると、引き受け手は現れない可能性が高いと言える。また、時間的な問題も考えれば、株主総会決議を経なければならない有利発行増資や時間がかかる株主割当増資なども会社側は選択できなかったものと思われる。
 「どうしてこんな状態になるまで放置していたんだ」という論点(もちろん経営陣はなんとか資金調達しようとしていたのだろうけど)があるのは承知の上で語らせて頂くと、今回のようにMSCB以外で資金調達ができない事態が時折発生してしまう以上、MSCBでの資金調達は完全に否定されるべきものではなく、MSCBに一定の存在意義があることは認めざるを得ないと主張する次第である。
 ただ、MSCB既存株主に犠牲を強いる可能性が高い手法なのは明らかなのだから、可能な限り(ここまで切迫した事態に陥る前に)株主総会決議を経て発行を行うべきであると主張するところである。

 ちなみに、個人的には、今後MSCBおよびMSワラント(行使価額修正条項付新株予約権、MSSO)の発行が起こりそうな事例として、増資直前の株価変動が激しい新興企業が成長資金の調達を行おうとする場合を挙げてみる。
 引き受け手としては、このような銘柄の増資を引き受ける場合、株価が固定された第三者割当増資や新株予約権では株価下落で損失を被るリスクも大きく、リスクの抑制ができるMSCBやMSワラントの採用を求めるのではないかと考えている。一方、資金が欲しい企業側にとっては、この手の要求を出されたら断るのはなかなか難しいのではないかねぇ。
 このような成長資金のための増資については、今回のコネクトテクノロジーズ程には資金繰りが厳しいわけではないのだから、株主総会決議を経た上でMSCBやMSワラントの発行を行って欲しいものである。

 
posted by こみけ at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | MSCB関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。