2006年03月12日

確定申告に行って来た

 先日、近所の税務署に確定申告に行って来た。

 昨年は合計でマイナスだったというのに、分離課税の株式取引ではプラスとなってしまったので、申告せざるを得なくなってしまった。それに、オプションの損失は繰り越し可能なので、こちらも併せて申告しておくべきということで、今回は申告書類がやや複雑なものとなった。

 さて、申告対象となる、昨年の金融関連収支は以下の通りである。
@株式特定口座(源泉徴収無し):プラス
Aオプション:超マイナス_| ̄|●
BFX:プラス
Ceワラント:マイナス
 このうち@は昨年も申告を行っているので大体分かるのだが、ABCははじめてであるのでちょいと確信がないので確定申告特集入りの雑誌を買ってきて参考にした。
 んで、Aはマイナスなので、先物関連の損失繰り越しの手続きを行うことにした(株式損益との通算は不可)。また、BCについてはどの税区分にすべきなのかなかなか情報が得られなかったのだが、FXは雑誌、情報サイト等で雑所得、eワラントについては販売元のゴールドマン・サックスが、期限前の転売分は短期譲渡所得であるとしていたことから、Bは雑所得、Cは短期譲渡所得として、国税庁の確定申告書等作成コーナーであらかじめ申告書類を作成し提出することとした。
 作成中、自分がどんな愚かな取引をしたかまざまざと見せつけられてちょっと落ち込んだのはここだけの話である。

 提出当日、午前10時頃税務署に行ってみると、昨年同様案内係の人がにこやかに出迎える。昨年はこれにだまされたが、よく考えてみれば自分の給料(税金)を進んで払いに来てくれる人が来たのだから、喜んで当然というものである。これが還付申告の人ばかりだったら、こうも温厚な表情はしていまい。

 さて、雑誌を参考にしたとはいうものの、自分は十分な税務知識は持たず、各所得の税区分や必要書類等が絶対に正しいとは言えないため、申告書の提出前に一度署員の人に相談して見ることにした。んで、相談コーナーに行ってみると、机に向かって一生懸命申告書を書く百人ほどの人の間を十数人の署員がぐるぐる回るという光景が展開されていた。質問がある人は手を挙げて署員の人を止める方式らしい。昨年は一人一人順番にやっていたのだが、その方式ではやってられなくなったに違いない。
 んで、自分も署員の人を呼び止めて聞いてみると、「eワラントは雑所得(雑損)になる」と指摘された。税務署の人の言い分では、「外国証券に関する所得はすべて雑所得」とのことであり、極めてすっきりした回答で納得せざるを得なかった。従って、申告書類書き直し。
アナゴさん

 この件について知人と話し合ったところ、「短期譲渡所得には50万円の控除枠があるので、雑所得より税金面で有利になる。GSは、これを狙って『短期譲渡所得扱い』を主張しているのではないか?」ということになった。
 ただし、eワラントが雑所得であるとの国税庁の見解が出たという話を聞いたこともないし、また、GSが先にも挙げた解説ページで引用している文献もそれ相応に権威があるものだろうから、実際のところどうするのが正しい方法なのかは不明。気になる方は税務署へご確認を。

 ・・・税務署の方としても効率化を目指しているのか、署内にも確定申告書作成ソフトが入ったPCが数台設置されており、それを用いて再作成を行った。申告書印刷後、捺印をする際に印鑑が転がって紙面に赤い線が走ったような気がするが気にしない。データクリア後だったので、また再記入というのは面倒なので。

 そんなこんなでどうにか作成を終了し、無事提出完了。提出時に署員の人がチェックしたが、赤い線はどうでも良かったらしい。

 ・・・んで、納付書をもらったので即日近所の銀行で納付してきた_| ̄|●。やっぱりいやなものである。
 ・・・この後住民税もあるんだよねぇ・・・。まあ、その分もしっかり稼ぐと言うことで。
posted by こみけ at 16:33| Comment(3) | TrackBack(0) | お金全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも拝見しております。大変参考になっております。
さて当方も取引暦1年の初心者オプショントレーダーでして、今年オプションでは初の申告に行って参りました。(私も大赤字、繰越です)株式と違いオプションは取引報告書がないので口座のある松井へ問い合わせたところ、取引履歴をプリントして申告しろとのこと。大量の用紙から買い総額、売り総額、差額と手計算をし大変苦労しました。それでも税務署で渡される申告明細書類には1枚たった3件ほどしか記入できないので手書きするよりは助かりましたが・・
今後も楽しみにしております。がんばってください。
Posted by 通りすがり at 2006年03月13日 10:30
>通りすがり さん
 コメント、ありがとうございます。

 自分の場合、オプションの損益明細は国税庁の申告書作成コーナーで作成いたしました。取引回数が少なかったので、まだ楽でした。
 できれば、先物やオプションについても株式の損益通算や特定口座のような簡易申告制度を認めて欲しいものですねぇ。

 今後のオプション取引ですが、自分は1月に信用口座を開設しましたので、オプションでヘッジをかける必要性が小さくなりましたので、取引回数も減少しそうであります。ゼロにはならないかと思いますが。

 今後ともよろしくお願いいたします。
Posted by こみけ at 2006年03月13日 12:55
↑をちょいと修正します
(誤)株式の損益通算
(正)株式との損益通算
Posted by こみけ at 2006年03月13日 13:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。