2006年02月11日

クレジットカードで初めてお買い物した

 クレジットカードを作ると決意してからおよそ5ヶ月、本日、人生史上初めてクレジットカードでお買い物してみた。カード自体は先月入手していたのだけど、使う機会がなかったもので。
 一般的な人生からすると、はじめての信用取引よりはじめてのクレジットカード利用の方が早いような気がするが、そこら辺は自分の生き様を象徴しているということで。

 しかし、お買い物の際って、カード番号等の入力だけで、お金の受け渡しとか残高確認とかは一切無いんだねぇ・・・既にクレジットカードをお使いの人にとっては「そんなの当たり前だ」という印象を持たれると思うが、自分としてはちょっとびっくり。それと共に、カードの使いすぎが問題になる人がいるのも何となくわかった。消費者金融の融資枠を預金残高と勘違いする人が時々いると聞くけれど、そんな感じなんだろう。あとから払う必要をあんまり意識しなくなってしまうということなのだろうねぇ。これは株式取引における信用取引にも通じるものがあるかもしれない・・・維持率限界まで立ててしまうケースとか。まあ、こちらはリスク管理次第で危険でないこともあるが、ライブドア信用全力で破滅した人もいるからねぇ。

 また、個人的には、今後自分のお金の流れを把握するのが難しくなりそうな予感。今までは現金収支と預金通帳だけで何とかなっていたけど、これにカード決済が加わるからねぇ。株の収支に比べれば桁が一つ小さくなることも多いけど、生活面での収支管理もしっかり心がけたいところである。

 いくら株で動く金額が大きいとはいえ、まずは日常生活が基礎なのだからからねぇ。
posted by こみけ at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | お金全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13142654

この記事へのトラックバック