この記事へのコメント
こみけさん おひさしぶりです。アニキです。MSCBの時にお世話になりました。株式掲示板のとこに書こうとしましたが、一番直近のところに質問します。

企業再編の対応の本を読んでいたら、
CB発行が上場規則上不適当なM&Aとみなされ、上場廃止になると書かれていました。
これは具体的にどういうことでしょうか。
モックの例は株式でしたよね。
Posted by アニキ at 2009年07月05日 18:39
>アニキ さん
 お久しぶりです。
 最近は株取引もブログ投稿もすっかり休んでしまっている状態であります。

 さて、ご質問頂きましたCB発行の件ですが、おそらく第三者割当での大規模なCB発行についての記載ではないかと思います。
 仮に、ある銘柄の発行済株式数の2倍以上に相当するCBを、ある会社が第三者割当で引き受け、すぐさま株式数転換した場合、引き受け手はこの銘柄の発行済株式数の66.7%以上を握ることになります。
 すなわち、この銘柄は、既存株主の意向を無視する形で子会社化されることになってしまいます。
 この点を指して、『上場規則上不適当なM&A』と見なされるのではないかと。
 
 より詳しく知りたい場合は、↓のリンク先のP4-P13あたりをご参考にされてはいかがかと思います。
http://www.tse.or.jp/rules/seibi/seibi.pdf
Posted by こみけ at 2009年07月05日 22:28
こみけさん ありがとうございます。
なるほどですね。
>既存株主の意向を無視
事前に株主総会があって株主の了承がとれればいいのですね。
Posted by アニキ at 2009年07月06日 16:48
>アニキ さん
 大規模増資への東証対応については、前掲のリンク先資料の13ページの表に今後の対応方針がまとめられています。
 簡単に言うと、現在の発行済株式数の25%以上になる大規模増資については、
(1)株主総会の決議
(2)会社とは独立した見識ある人々(?)による判定をクリア
のどちらかが必要とされるということになります。
 私のような悪党から見ると、(1)よりも(2)を使った方が、株主総会抜きで好き勝手できる、と言う見解を持ってしまうところであります。
Posted by こみけ at 2009年07月07日 00:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。