2009年03月29日

引き続き売買停止中

 ナゴヤドームで行われた楽天-中日オープン戦2連戦の観戦と言うか応援に行った結果、応援中に何らかの理由で普段使わない筋肉を使ったらしく胴体のあちこちで筋肉痛が起きている管理人のこみけですこんばんは。
 特に、脇腹と腹筋が痛いのはなぜなのだろう・・・まあ、試合は楽天の2連勝ということで大満足なのだが。


 さて、最近の日米株式市場は強い展開が続いている。
 日本市場の上昇理由として期末対策があるといわれているのはまあいいとして、米国市場の上昇理由がいまいちよくわからない。指標面で景気回復の兆しがあることが挙げられているが、まだまだ安心するのは早いと思うのだよねぇ。
 今後は、昨年10月〜本年初めまでの落ち込みに比べればましになるのかもしれないが、金融危機前の水準までにはそう簡単には戻らないと思うのである。
 自分としては、これまでと今後の景気というか需要の動向については、
・これまでの落ち込みは好景気からの需要急減に伴う生産調整・(とそれに伴う)需要減退の面が強い
・これからは不景気下での需要の低空飛行がしばらく続く
という違いがあると考えており、今後景気がある程度回復したとしても、昨年前半くらいまでのような状態には戻らないと考えている。
 と言うことで、現在の上昇局面が今後も維持される可能性は小さいと見ている。現在の株価上昇がどの辺まで行くかはまだ想定していないが、上昇局面が終わったあとは、しばらく(秋口くらいまで?)はボックス圏での動きになるのではないかと考えている。
 もっとも、米国で大企業の倒産や金融面での混乱があれば別だと思うがねぇ。


 と言うことで、株式については引き続き様子見姿勢を当面維持する予定。
 為替については、米国の金融波乱を当て込んだ円買いポジションを取ることを検討してみる・・・もっとも、それほど大きなポジションは取るつもりはないが。
 
posted by こみけ at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 市況雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/116415217

この記事へのトラックバック