2008年08月09日

夏枯れ

 昨日まで続いたネット不通状態をiモード等を使い乗り切った結果、iモードでもそれなりに株関係の情報が得られることに気づいた管理人のこみけですこんにちは。
 ダウやナスダックの(ほぼ)リアルタイムの情報も無料で出しているサイトがあったし、証券会社のページから個別銘柄の株価情報をリアルで得られたので。
 でも、スクリーニングなんかはまるっきり無理に感じた。というか、やろうとしても画面が小さすぎる。
 結局のところ、保有している銘柄の監視はiモードでかろうじて何とかなるが、新たに買付銘柄を探したりするのは無理という認識に至った次第である。

 ・・・今後、今回のようなネット不通状態を避けるために、今ある回線とは別に非常用回線の確保を行うことを検討する予定。
 でも、費用が発生することもあり、携帯電話のデータ通信機能を使えば十分かな〜と考えているのが現状である。


 さて、今週の日本市場は不安定な展開を続けたが、週末の日経平均は先週よりは高くなった。
 正直、今週はずっと市況の雰囲気が良くなかったような気がしていたので、チャートを眺めてみてちょいと驚いた。
 円安が寄与したと考えるのが妥当なのだろうかねぇ。

 んで、来週であるが、昨夜の米株式市場が高くなったこともあり、日本市場も高く始まると見て差し支えないと思う。さらに、その流れを引き継ぎ、来週はそこそこ堅調な動きになるのではないかと見ている。
 ただ、セクター間、もしくは個別銘柄間の株価動向のばらつきには気をつけた方が良さそうである。今週は銀行株が下げる展開となったが、来週はまた別の銘柄が同様の目に遭うかもしれない。
 もっとも、少し長い目で見た場合、東証一部銘柄ならば、新興不動産以外はそんなに焦る必要はないと思う次第である。

 一方、新興市場については相変わらず雰囲気が極めて悪い状況である。新規上場銘柄の不振も続いている上、既存銘柄の売買も盛り上がっていない状況であるから、復活の糸口がつかめないと言っていい状況である。
 自分としては、現状が転換するためには、新興銘柄か、もしくは新興不動産銘柄で注目されている銘柄が倒産するような衝撃的事態が起きる必要があるのではないかと考えている。
 先月はゼファー(8882)等数銘柄が倒産したが、それで市場が底入れしないとなると、それ以上の衝撃が必要になるのではないかと思えてくる次第である。
 それまでは、新興市場の買いに入る必要はないのではないかな〜と感じるところである・・・割安に見える銘柄は多いけど。


 というわけで、来週はお盆休みでザラ場を見られる機会が多いという好機を生かすこともなく日々ぐったりとしている予定である。
 涼しくなった夜にでも、割安感が強い新興銘柄の選抜をやるくらいがせいぜいではないかと。

 なお、その新興銘柄選びについては、自動車部品関連の銘柄をどう扱うか悩んでいるところである。
 自動車部品関連銘柄は自動車業界の先行き不安を反映してか新興不動産を除く他業種よりもずいぶん下げているように感じており、結構お買い得に見える.
 が、だからといって自動車部品関連に集中しても良いのか悩んでいるところなのである。
 新興不動産については、危険の代償として安くなっているのが実感できるのだが、自動車部品については、「減益ですむのでは?」と今のところ考えているので・・・。
 いっそ、
(1)新興不動産
(2)自動車部品関連
(3)その他
で分けて銘柄選びをしてみようかねぇ。
 これなら幅広い銘柄を狙えそうだし。
 
posted by こみけ at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 市況雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/104465245

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。