2016年06月11日

売り姿勢継続

 今週の日本市場は、資源安や英国のEU離脱懸念等、弱い海外材料が出てきた影響で下げる展開となった。特に、英国のEU離脱問題は当初残留の見込みだったのが離脱派の勢いが強くなっているとのことで、今後の波乱材料となりかねない状況である。
 
 自分としては、基本的には弱気姿勢を継続しつつ、来週発売の会社四季報で個別銘柄の物色を売り買い双方について行う予定。
 英国のEU離脱が仮に決定してしまった場合、前例のない事態だけに市場の混乱が懸念されるうえ、各国中銀が緊急対策を行う可能性もあることから、市場が下だけでなく上にも大荒れとなることも警戒した方がよいと考える。
 ただ、波乱が起きうる日(英国国民投票日:23日)が明確であるため、今後の様子を見ながら、投票日前にポジションを縮小するか、それとも勝負に出るか決める予定。
 
posted by こみけ at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 市況雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。