2015年09月28日

売り目線を継続

先週の日本市場は、営業日がわずか2日間であったことから日本固有の材料は乏しく、連休中の外国市場下落に引きずられて下げる展開となった。

 先週の市場に大きな影響を及ぼしたVWの不祥事は、スイスの販売禁止や実はEUが事前に不正を知っていたのではないかという疑惑等、より根深くなってきている。あと、車のことは全く分からないが、こんな状態で次期(来年?)の新車は発売できるのだろうかねぇ。
 もし、過去の不正だけでなく、今後の販売にも影響が出る話が出てくるようになると、本件はもう一段の悪材料となり、市場全体にも影響してくると考える次第である。

 自分としては、先週の売り目線で様子見という姿勢を変える必要はないと考えており、引き続き日経先物の短期売買以外は行わない予定。もっとも、日経先物の方も今月の初めに小規模な取引を行ってからは休んでいるが・・・まあ、今が焦る時期でもないだろうということで。
 
posted by こみけ at 02:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 市況雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月23日

売り目線で様子見継続

 先週の日本市場は、海外市場の動きに振り回され方向感のない展開だった。それでも、米FOMCの結果で18日(金)の日本市場が反落し、また連休中の海外市場が弱い展開となっていることから、連休明けの日本市場は安く始まると思われる。

 この連休中、大きな材料としては景気先行き不安に伴う原油安、および独フォルクスワーゲンの不祥事があった。原油安はさておき、フォルクスワーゲンの不祥事については新しい材料で、世界レベルの大企業であることから、株式市場だけではなく債券市場にも悪影響を与える可能性もある。
 今のところ、強気材料は株価が下がっていること自体による反発期待くらいしかなく、急いで買いに入る理由はないと感じることから、今週も様子見姿勢をとり、動くとしても日経先物の短期売買を行うくらいにする予定。
 一方、会社四季報の読み込みを現在進めており、11~1月くらいに買付できればいいなあ、くらいの感覚で銘柄選びを実施中。現時点では今年のNISA枠を全く使っていないので、今回の下落がさらに続いたところでNISA枠を満たすのが理想だが、そううまくいくかどうか(昨年はそんな機会なかった)。
 
posted by こみけ at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 市況雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月14日

売り目線に戻る

 先週の日本市場は、毎日地合いが変わる目まぐるしい展開だった。ただ、9日(水)の上昇後、10日(木)には急反落したことは、まだ市場が上昇基調には戻り切れていないことを示していると考える。

 今週最大の注目材料は米FOMCで間違いないと思われるが、そこで利上げを行う、行わないどちらになった場合も、一時的な上昇はさておき中期的に上昇する道筋が自分には見当えない。また、日銀金融政策決定会合についても、手詰まり感が強く、有効策が打てるかは疑問視している。
 結局のところ、自分は中国はじめ世界経済の減速が目立ち始めているのが一番の問題と考えている。そのため、今週からは売り目線に戻り、FOMC通過後は日経先物の売り(ただし短期)の機会をうかがう予定。

posted by こみけ at 01:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 市況雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月07日

予想外の動きのため様子見継続

 先週の日本市場は、週初に日経平均19,000円台を回復したもののその後は反落し、再度17,000円台後半に落ち込んだ。また、金曜の夜間取引では17,500円台まで下がっており、先々週の安値割れも視野に入ってきている。

 自分は、実は先々週の下げが一旦底打ったのを見て、1〜2週間は19,000円を挟んだもみ合いになると想定しており、その後動いた方についていく作戦を立てていた。だが、その予想に反して再度下げる展開となったことから、ちょっと売り買いとも入りづらくなっている。
 そのため、今週の売買は基本的には手控えることとし、日経先物に手を出す場合でも枚数を減らして対応する予定。

 個別株については、来週発売の会社四季報を眺めて取引銘柄の選別を行う予定。おそらく、シルバーウィークである程度絞り込みを行えるのではないかと&シルバーウィーク明けの買いでも十分間に合うはず。
 
posted by こみけ at 02:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 市況雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする